サイト内検索

Search

現代法学部

村 千鶴子 教授ゼミ

消費者法演習

消費者法演習

学びのキーワード

#消費者問題 #成年年齢引下げ # 若者の消費者被害 #被害防止

被害防止のために 高校生に何をどう伝えるか。

 2018年民法改正により成年年齢が20歳から18歳に引き下 げられ、2022年4月1日から施行されます。現状では、20歳 代になると急激に消費者被害が増加していますが、改正法施行 により18歳からの消費者被害が多発することが心配されてい ます。そこで、今年度の消費者法演習では、若者の消費者被害 を防止するために、18歳成年になるまでに高校生に知っても らいたいことは何か、どのように伝えたら良いかをテーマに取 り組んでいます。中央労働金庫のCSRの部門と共同で、高校 生用の教育用DVDの作成やワークブックの作成などを行う計 画をすすめています。ゼミ生と中央労金のメンバーでディスカッションし、若者の 消費者被害にはどのようなものがあるか、このなかからまず高 校生に伝えるべきことは何かを決め、DVDの組み立てからシ ナリオの内容を決めました。製作会社の選定、オーディション、 撮影にもゼミ生が参加して意見を述べてきました。2期には中 央労金と共同でワークブックを作成します。

ゼミDATA

所属人数 6人 内訳
2年次 -
3年次 3人
4年次 3人
ゼミブログ
Facebook
Twitter
Instagram
外部リンク

担当教員

村 千鶴子教授

研究分野

消費者法/消費者信用法/消費者契約と法 /消費者行政

主な担当科目

消費者契約と法/特殊販売と法

ゼミの活動形態

  • ゼミ合宿
  • 企業・地域とのコラボレーション
  • コンテスト出場
  • フィールドワーク
  • ケーススタディ
  • ワークショップ
  • グループワーク
  • 個人研究
  • クラウド・ファンディング/募金活動
  • 海外ゼミ研修
  • 他ゼミとの合同活動
  • プレゼンテーション
  • データ分析
  • 文献講読
  • イベント開催
  • ディベート
  • ゼミ論集作成
  • ゼミ研究報告会

受講可能学部

経済
学部
経営
学部
コミュニケーション
学部
現代法
学部
経済
学科
経営
学科
コミュニケーション
学科
現代法
学科
国際経済
学科
流通マーケティング
学科