東京経済大学

MENU

全学共通教育センター教員一覧

教授
新正 裕尚
SHINJO Hironao

職歴
  1. 1998/04/01-現在 東京経済大学
  2. 2008/04/01-現在 東京経済大学 教授
学歴
  1. 1994/03/23 修了 京都大学 理学研究科 博士
  2. 京都大学 理学部
  3. 修了 京都大学 理学研究科 修士
学位
  1. 1994/03/23 博士(理学) 京都大学
  2. 理学修士 京都大学
  3. 理学士 京都大学
教育・研究活動状況
  1. ジルコンU-Pb年代学にもとづく西南日本中新世の地史復元。
    熱いプレート沈み込みのみられる場所での珪長質火成活動の成因。
研究分野
  1. 岩石学
  2. 地質学
  3. 地球化学
研究キーワード
  1. 珪長質マグマの成因
  2. 広域変成帯のテクトニクス
  3. 西南日本弧の地史
競争的資金等の研究課題
  1. 2016-2018 中期中新世の南海トラフ縁辺域復元 科学研究費
  2. 2016-2016 南米チリ弧、西南日本弧火山岩のスラブ由来成分の推定 平成28年度原子力機構施設利用共同研究
  3. 2015-2018 プレート境界沈み込みに伴う南部チリ弧火成作用の多様性とマグマ生成過程の全容解明 科学研究費
  4. 2014/04/01-2015/03/31 紀伊半島の珪長質火成岩体の記載岩石学的研究 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 平成25年度(第22回)学術研究助成
  5. 2013-2015 瀬戸内流紋岩中ジルコンの年代学的・地球化学的研究:スラブ融解の検証 科学研究費

詳細表示...

論文
  1. 2019/11/07 学術雑誌 共著 U–Pb ages of Miocene near-trench granitic rocks of the Southwest Japan arc: implications for magmatism related to hot subduction Geological Magazine Cambridge University Press
  2. 2018/07/15 学術雑誌 共著 岐阜県可児盆地に分布する蜂屋層最下部栃洞溶結凝灰岩部層のジルコンU-Pb年代 地質学雑誌 日本地質学会
  3. 2018/05/01 その他 共著 ホウ素含有量から見た,若い海洋プレート沈み込みに伴う火成活動—南米アンデス弧と中新世西南日本弧の例— 月刊地球 海洋出版株式会社
  4. 2017/12/06 大学・研究所紀要 共著 教職協働による図書館利用促進活動のトライアルから恒常化へ:東京経済大学図書部の場合 人文自然科学論集
  5. 2017/09/05 学術雑誌 共著 松山市周辺の瀬戸内火山岩類 -高Mg安山岩から珪長質岩まで- 地質学雑誌 日本地質学会

詳細表示...

研究発表
  1. 2019/11/29 口頭発表 四国西部中新統久万層群のジルコンU-Pb年代 ESR 応用計測研究会・ ルミネッセンス年代測定研究会・フィッション・トラック研究会 2019 年度 合同研究会
  2. 2019/09/25 口頭発表 西南日本内帯/外帯の接合と日本海拡大 日本地質学会第126年学術大会
  3. 2019/09/23 口頭発表 鹿児島県甑島の中新世花こう岩質岩のジルコンU-Pb年代 日本地質学会第126年学術大会
  4. 2019/09/19 ポスター発表 チリ南部火山地帯中央部における島弧火山岩中のホウ素およびその他微量元素の特徴 2019年度日本地球化学会年会
  5. 2019/08/21 ポスター発表 U-Pb and 40Ar/39Ar ages of trench proximal magmatic rocks in SW Japan with implications for Miocene tectonic environments GOLDSCHMIDT 2019

詳細表示...

その他研究業績
  1. 2017/11/15-現在 単独 その他 日本地質学会124年年会記事、巡検Aコース 松山市周辺の瀬戸内火山岩類:高 Mg安山岩から珪長質岩まで 案内者の報告
  2. 2007/07/15-現在 共同 その他 「特集 紀伊半島における中新世火成作用とテクトニクス」(巻頭言)

詳細表示...

主な担当科目
  1. 地球の科学
  2. 環境の科学
  3. 英語で学ぶ教養
  4. 教養入門

詳細表示...

教育実績
  1. 2008/04-現在 教育内容・方法の工夫
  2. 2006/04-現在 教育内容・方法の工夫
  3. 2006/04-現在 教育内容・方法の工夫
  4. 2006/04-現在 教育内容・方法の工夫
  5. 2006/04-現在 教育内容・方法の工夫

詳細表示...

所属学協会
  1. 日本火山学会
  2. 日本地質学会
  3. 日本鉱物科学会
  4. American Geophysical Union
  5. Mineralogical Society of America

詳細表示...

学部・学科