Office互換性チェック機能

1.互換性チェック機能  2.確認方法

1.互換性チェック機能

「Office2007」で作成したファイルを旧バージョン(Office XP/2003等)のExcelやWordで利用する場合、旧バージョンの形式でデータを保存することができます。

しかし、Office 2007の新機能などが使われていると、旧バージョンの形式でもただしくデータを読み取ることができません。

旧形式でデータを保存する前に、旧バージョンとの「互換性チェック」を行うことによってトラブルを未然に防ぐことができます。

2.確認方法

確認手順(Excel・Word・PowerPoint操作共通)
Officeボタン」 → 「配布準備」 → 「互換性チェックの実行」 (画像はExcelを例にしています。)
▼ Office 2007の新機能の使われた箇所がリストアップされます。

修正は自分(手動)で行う必要があります。
上記画面内の『検索』をクリック→該当箇所にジャンプします。(下図参照)

※Excelの場合のみ。
WordやPowerPointでは『新しい~』ボタンは表示されません。