お手軽に横棒グラフを作成 【関数編】

Excelでは便利なグラフ作成機能があるので、ウィザードを使って効果的なグラフをあっという間に作成することができます。
しかし、あまり凝る必要がなくとりあえず数値の大小だけをみたいときには、関数を使って簡単な横棒グラフを作成することができます。

 =REPT("文字列",繰り返し回数)

 指定した文字列を指定した繰り返し回数分だけ表示します。

  

  1. グラフを表示させたいセルをクリックし[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [文字列操作]-[REPT]をクリックします。
    文字列に[■]を入力します。(""は自動的に表示されます)
    繰り返し回数に[B2/10]と入力します。
      *■マークひとつあたり10点なので、成績を10で割ります。
  2. ひとつ式ができたら、オートフィル機能を利用して式をコピーします。

※ 割る数を調整したり、文字列を他の記号にすることもできます。