Adobe「Illustrator CS」の利用方法

ベクトルグラフィックソフト「Illustrator CS」の基本的な利用方法。

1.はじめに  2.作成(加工)方法  3.保存方法

1.はじめに

主な機能
イラスト作成 図形や線を使ってイラストの作成ができます。作成したイラストに着色、加工をすることができます。
web用の素材を作ることも可能です。
レイアウト 線や図形に沿って文字を配置することができます。
グラフ作成 数値データに従ってグラフを作成することができます。
導入教室

PC自習室1(6台),PC自習室2(2台),F504,F505教室

動方法

「スタート」→「プログラム」→「Adobe Illustrator CS」を選択。
<クリックで拡大>

2.作成(加工)方法

イラスト作成

以下のような図を作成してみます。 コチラから。

3.保存方法

作成(加工)した画像を保存します。

  1. 「ファイル」→「保存」を選択します。
  2. 保存する場所を選び、ファイル名を入力し、「保存」をクリックします。→保存終了。
    Illustratorで作成したファイルは拡張子が「.ai」 となります。

◆web上に画像を貼り付けたい場合◆

webに編集した画像を貼り付けたい場合、画像の容量が重いとページを表示するのに時間がかかってしまいます。
その場合は以下のように保存します。

  1. 「ファイル」→「web用に保存」 を選択します。
  2. 以下画面が出てきます。
    「アップ」を選ぶと 左側に元の画面、右側に変更後の画面が出ます。比較しながら設定可能です。
    (画面の下には画像サイズが表示されます)
    ファイル形式と画質を選択し、「保存」をクリックします。画像サイズが低く、画像の劣化が少ないものを選びましょう。
  3. ※GIFとJPEGについて
    web上で最も使用されることが多いファイル形式にGIFとJPEGがあります。
    それぞれ特徴があるので、用途に分けてどちらの形式で保存するかを選んでください。

    GIF イラスト、ロゴなどのベタ塗り面を多く持つ画像に適しています。拡張子は「.gif
    JPEG 主に写真などの精密な画像に適しています。拡張子は「.jpg
  4. 保存する場所を選び、ファイル名を入力し、「保存」をクリック。→保存終了