Adobe「InDesign CS3」の利用方法

1.はじめに  2.作成方法  3.保存方法

※旧バージョン「InDesign CS」の利用方法はこちら

1.はじめに

InDesignとは

InDesignはDTPソフトです。
DTPとはDesktop publishing(卓上出版)の略称で、チラシや冊子など印刷物のデータをパソコン上で作成する為のソフトです。

導入教室

「InDesign CS」は、以下PC教室に導入されています。
PC自習室1(6台),PC自習室2(2台),F504教室(全台),F505教室(全台)

起動方法

PC教室の場合、デスクトップに「InDesign」アイコンがあるのでそれを実行。
または、スタート >すべてのプログラム >Adobe Design Premium CS >Adobe InDesign CSで起動。

2.作成方法

チラシの作成

InDesignを使って以下のようなチラシを作成してみます。詳しくはこちら

作成できたら、以下「3.保存方法」で保存しましょう。

3.保存方法

保存方法

作成したファイルを保存します。

  1. ファイル>保存 をクリック
  2. 適当な保存先を指定し、左下の保存をクリックします。
    InDesignで保存したファイルの拡張子は.inddです。

注:データを保存する場合には使用した画像も必ず保存しましょう。
通常DTPソフトの場合、ドキュメントに画像を埋め込まず、リンクを張ることでファイルサイズを軽くしています。ですから、データが出来上がっても画像データを削除しないようにしましょう。
例:U:\○○○\チラシ\チラシ.indd
  U:\○○○\チラシ\map.jpg
  U:\○○○\チラシ\背景.jpg