PDF作成方法(Office2007編)

2007 Microsoft Office system Service Pack 2 からPDFファイル形式が標準サポートされました。
これにより簡単にPDFファイルを作成することができます。

PDF作成方法

  1. WordやExcelなどアプリケーションを起動し、PDFを作成したいファイルを表示させます。(以下、Wordの場合)
  2. [Officeボタン]→[名前を付けて保存]→[PDFまたはXPS]をクリックします。
  3. ファイルの保存先、ファイル名を設定し[発行]のボタンをクリックします。
  4. 以上でPDFファイルが任意の保存先に作成されます。
    また自動的に「Adobe Reader」が起動し、PDFファイルとして閲覧できます。