Office 2007利用ガイド(Office 2003ユーザ向け)

新しいインターフェイスの習得にマイクロソフトWEBガイド活用がオススメです

1.ガイドの活用  2.Officeナビの利用  3.注意事項

1.ガイドの活用

「Office 2007」では見た目がかなり変わりました。
「Office 2003」での操作に慣れていると、使いたい機能がどこにあるのか迷ってしまいます。
本ページで紹介の方法を活用して、新しいOfficeをマスターしてみてはいかがでしょうか。

インタラクティブガイドの利用

「Office 2003」の機能が「Office 2007」ではどこにあるのか、わかりやすく教えてくれます。

インタラクティブガイド

右記リンク先ページにて「ガイドを開始する」をクリック。
※Flash Player Version 7 以降が必要。
Wordの場合
Excelの場合
Power Pointの場合
例:Wordインタラクティブガイド

Word2003画面で適当に操作すると、自動的にそれに対応する機能をWord2007画面で表示してくれます

リファレンスで対応表の利用

リファレンスでは「Office 2007」のインターフェイスについて説明されています。

リファレンス Word 2003 のコマンドに対応する Word 2007 のコマンド
Excel 2003 のコマンドに対応する Excel 2007 のコマンド
PowerPoint 2003 のコマンドに対応する PowerPoint 2007 のコマンド

上記リンク先ページの最下部にある『リボンの対応表』をクリックすると、「コマンド対応表」がダウンロードできます。

 (自分で利用しやすいように編集することも可能です)

2.Officeナビの利用

「Office 2007」が初めからインストールされているPCには「Officeナビ(Vista対応)」が組み込まれています。
使い方を調べたり、トラブル時などに活用できる便利な機能です。

Word Officeナビ 例

「活用しよう!ワード」
タブが表示されます。

*あとから「Officeナビ」をインストールすることも可能です。 Microsoft Officeナビ 2007 (Microsoftより)

3.注意事項

 情報システム課では、これらサービスのサポートはしておりません。
  各サイトの注意事項をよく読んだ上で利用しましょう。
 トラブルが発生しても、現状復帰できるように、大切なファイルのバックアップを行なっておきましょう。