旧バージョンのファイルをOffice2007で開く

1.互換モードについて  2.旧バージョンをOffice2007で編集、保存する  3.補足

1.互換モードについて

旧バージョン(Office97-2003)のExcelやWordで作成したファイルはOffice 2007で「互換モード」として開くことが可能です。
自動的に「互換モード」としてファイルが取り扱われます。

← Wordの画像例
Word 2003で作成したファイルを Word 2007で開くとタイトルバーに [互換モード」と表示される。

* 他のOffice製品も同様です。

「互換モード」状態で作業を進めるとOffice2007の新機能や拡張機能は使用できません。
(Office2007の新機能を使ってしまうと再度、旧バージョンのOfficeで作業する際にデータが失われたり、再現できなくなる恐れがあるため) 

2.旧バージョンをOffice2007形式で編集、保存する

旧バージョンで作業(利用)する予定がない場合、Office2007形式に変換してみましょう。

互換モードから2007形式への変換方法
  1. [Microsoft Officeボタン]-[変換]をクリックします。(※Wordを例にしています。)
  2. 確認画面が表示されます。「OK」ボタンをクリックします。
  3. 開いたファイルには「互換モード」の表記が消えます。編集後、上書き保存します。

3.補足

 注意
Office2007形式で保存すると旧バージョンのファイルは削除され、2007形式のファイルしか残りません。
旧バージョンのファイルも残しておきたい場合は、事前にバックアップを取っておくか、
[Microsoft Officeボタン]→[名前を付けて保存]にて、別ファイルとして保存しておいてください。
 参考ページ(Microsoft社サイトより)
以前のOfficeで作成した文書を編集する。
Word 2007 を使用して、以前のバージョンの Word で作成された文書を開く
以前のバージョンの Excel で Office Excel 2007 ファイルを使用する