「Office2007」での保存時の注意

「Office2007」で作成したファイルを旧バージョン(Office2003等)で編集したい場合

1.Office 2007のファイル形式  2.保存方法  3.補足

1.Office 2007のファイル形式

新ファイル形式について
新しい「Office OpenXML」と呼ぶファイル形式では、既定では従来のファイル名拡張子に "x" または "m" が付いた新しい拡張子を持つ「XML 形式」で保存されます。
  Word Excel PowerPoint
拡張子 doc xls ppt
従来のOffice

↓↓↓

新拡張子 docx xlsx pptx
Office 2007

※参考

  • XMLとは?
    拡張マークアップ言語 (eXtensible Markup Language) 独自にタグを定義できることが特徴。
    XMLはデータそのものを定義するので容量もコンパクトで機密性にもすぐれている。
  • 拡張子とは?
    ファイル名の末尾にピリオドで区切って付ける1~4文字の英数字で、ファイルの種類を表わす目的で使われる。

保存の際の注意

「Office2007」で作成したファイルを「Office2003」で編集したい場合は、事前に以下説明の方法で保存をして下さい。

保存時に知っておくべきこと
  • 新機能について
    Office2007にて旧バージョンのファイル形式で保存すると、Office2007の新機能を使用して作成した部分は以前のOfficeでも表示は可能です。
    但し、再度そのファイルをOffice2007で開いても、変換された部分は再編集できないので注意が必要です。
  • EXCELの行列数について
    Excel 2007では1シートで「1,048,576行×16,384列」まで使用可能になりました。
    しかし、Excel 2003で開くと「256列×65536行以降」は削除されます。

2.保存方法

  1. [Microsoft Officeボタン]-[名前を付けて保存]-[Word97-2003文書]をクリックします。
    ※Wordを例として説明しています。
  2. 保存時にファイルの種類をよく確認してから保存しましょう。

3.補足

ExcelやPowerPointの操作も同様です。(以下クリックで拡大表示)

Office 2007の新機能が文書内で使用されている場合、旧バージョンとの互換に関する注意メッセージが表示されます。
※Wordの場合(クリックで拡大表示)