サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

いま、ここ。国分寺から。
東京経済大学SDGsシンポジウム

コロナ禍でこの世界は一変しました。私たちの眼前には全地球倫理で解決しなくてはならない課題が山積しています。しかしそれらは同時に、私たちの足もとにある日常的な諸問題と分かち難く結びついています。
私たちは、これからの時代の新しい地域主義のあり方を考え抜く「国分寺学派」を目指して、同じ地域に住む人々とのつながりの中から生まれる柔軟な発想をもとに持続可能な社会を実現するための様々な情報発信を、ここ、国分寺から世界に向けて発信していきたいと考えています。

東京経済大学SDGsシンポジウム

 
  • 第1回 シンポジウム「国分寺から世界へ」~地域を掘り下げ世界へ。国分寺学派はじまる~

    2021年10月30日(土)午前10時公開

    豊かな市民社会とは何かをテーマに、岡本英男学長ナビゲートのもと、国分寺市在住の建築家・藤森照信氏と国分寺市長・井澤邦夫氏を迎え、それぞれの視点で地元国分寺について語ります。

  • 第2回 シンポジウム「自然・人間社会・国際関係」~多様性の中の持続可能な共存~ 

    2022年1月29日(土)東京経済大学国分寺キャンパス 大倉喜八郎 進一層館ホールよりライブ配信

    藤原修現代法学部長が進行役を務め、核軍縮NPOピース・デポ代表の湯浅一郎氏、前内閣府男女共同参画局長の池永肇恵氏をパネラーに迎え、SDGs を①⾃然界と⼈類との持続可能な共存、②⼈間社会における多様な⽴場・属性の⼈々の持続可能な共存、③世界の各地域・国・集団間の持続可能な共存に整理しそれぞれの分野に関し、⽣物多様性、ジェンダー平等、安全保障について考えます。

  • 第3回 観察・学習会「足もとを覗いてみよう!国分寺の自然とSDGs」

    2022年4月29日(金・祝)東京経済大学国分寺キャパス 東経の森・大倉喜八郎 進一層館ホール

    東京経済大学全学共通教育センターの大久保奈弥教授(専門:海洋環境)が講師を務め近隣の子どもたちが参加し、大学構内に広がる森の観察会とプレゼンテーション形式の報告会、大久保教授による森の豊かさから海の豊かさを考えるミニ講演会を行いました。

 

「いま、ここ。国分寺から。」イメージビジュアル

 

 

 

「いま、ここ。国分寺から。」コンセプトムービー

 
  • 東京経済大学SDGsシンポジウム「国分寺学派」シリーズのコンセプトムービーです。