東京経済大学

MENU

【読売新聞(多摩版)3/20】武蔵村山市「給食用農産物」看板、キャッチコピー作成にも本学学生が協力と紹介

[2018.03.20]

本学武蔵村山キャンパスのある武蔵村山市で地場産食材が学校給食に使用されていること知らせる看板が市内の農地に設置され、本学学生がこの看板のデザインを担当したことが東京新聞(3月15日付け多摩版)で紹介されています。2018年3月20日(火)付け読売新聞(多摩版)ではこの看板設置を取り上げた記事の中で、看板に書かれた「心のこもった『おいしい!』を。」とのキャッチコピーの作成にも本学学生が協力したことを紹介しています。

コピーの作成に協力したのは本学学生の河村好寛さん(経済3年)。「子どもたちが住んでいる町をもっと知り、もっと好きになってほしいとの思いを込めた」と、コピーを作った際の思いをコメントしています。

大学ニュース