東京経済大学

MENU

【長崎新聞9/3】本学経済学部卒業生でM&Aの仲介会社社長が紹介されました

[2018.09.04]

2018年9月3日付けの長崎新聞に、東京経済大学の卒業生でM&Aの仲介会社社長の笹川敏幸さん(90年経済卒)が紹介されました。

笹川社長は本学卒業後、大手M&A会社での勤務を経て、2015年に企業の事業を引き継ぐ会社を探し合併・買収(M&A)を仲介する会社「経営承継支援」を設立しました。商工会議所などとネットワークを築き、地域の中小企業の情報を低コストで収集する仕組みをつくりました。手がけた案件はこれまで約60件あり、首都圏や関西の町工場のほか、各地域の建設業、飲食業など、大半が売上高10億円未満の会社であると記事は紹介しています。

記事内で笹川社長は、起業の狙いについて「経営者が長年事業にかけてきた思いや、従業員らが培ってきた技術を社会に残したい」と語っており、「今後3年間で500件を成約し、地域社会に必要な企業を残していきたい」と意気込みをコメントしています。

大学ニュース