東京経済大学

MENU

【東京新聞5/9】MMTに関する特集で岡本学長がコメント

[2019.05.09]

2019年5月9日付東京新聞朝刊のこちら特報部で取り上げられたMMT(Modern Monetary Theory)について、東京経済大学の岡本英男学長がコメントしました。

MMTは、自国通貨建ての国債の発行権がある国では、国がどれだけ借金をして財政赤字を増やしても破綻が起きないとする考え方です。財政学を専門とする岡本学長は「MMTに関して学問的に大きな欠陥はない。心配すべきことは国家赤字ではなく急激なインフレが起こらないようにすることが必要」と解説しています。

大学ニュース