東京経済大学

MENU

小暮厚之教授が2019年度日本統計学会賞を受賞!

[2019.07.02]

東京経済大学経営学部の小暮厚之教授が2019年度第24回日本統計学会賞を受賞しました。
日本統計学会は、「統計学の研究および普及を促進し、その発達に貢献する」を目的として、1931年(昭和6年)に創立された学会です。

今回の日本統計学会賞の受賞理由として、「我国の黎明期にあった金融工学、また保険数理の新たな展開であるアクチュアリアル・サイエンスにおいて多くの優れた研究業績を挙げている。特に、ベイズ統計学を市場整合的なリスク評価に結びつける斬新な手法を提案して、世界的に高く評価されている。またファイナンス関係等の著書の刊行を通して、金融・保険分野の統計分析の普及、啓発に貢献し、さらに、金融工学および保険に関する統計分析を推進する我国の学会等への貢献も顕著である」が挙げられています。

大学ニュース