東京経済大学

MENU

【台風接近のため中止】10月12日(土)大倉記念学芸振興会・芸術公演「山中信人 津軽三味線の世界・和太鼓との響」

[2019.10.09]

2019年10月12日(土)芸術公演「山中信人 津軽三味線の世界・和太鼓との響」は、台風19号接近による荒天が予想されるため、中止することにいたしました。
何卒ご了承ください。

2019年10月9日(水)
東京経済大学・大倉喜八郎記念東京経済大学学術芸術振興会
津軽三味線奏者 山中 信人(やまなか のぶと)氏

中学校卒業後、15歳で単身青森県弘前市に渡り、津軽三味線奏者「山田千里(やまだちさと)」の内弟子として民謡酒場に住み込み、4年間修業。山田流師範となる。約16年にわたり「南中ソーラン」などを現代風にアレンジした民謡を演奏する、伊藤多喜雄&タキオバンドのメンバーとして活動。
毎年、青森県弘前市で行われる津軽三味線世界大会では、最上級・A級3連覇を達成し殿堂入り。また、津軽民謡の伝統的な唄付けの技術を競い合う「唄付け伴奏部門」でも3回の優勝を獲得。海外への招致も多く、計36ヵ国の国と地域で演奏活動を続ける。世界を意識した活動を行う、埼玉県にゆかりのある人または団体に贈られる「平成29年度埼玉グローバル賞」を受賞。また「平成30年度北本市文化奨励賞」を受賞。
現在は、ソロ奏者として演奏会、学校公演、講演会などで活動中。洗足学園音楽大学非常勤講師。加須市観光大使。埼玉親善大使。
《座右の銘》
・精進
・不可能の対語は可能ではなく挑戦です

鷹-TAKA-

7歳より和太鼓を始め、大学卒業後ソロ奏者として活動。2015年岡谷太鼓まつり大太鼓コンテストにて世界一・文部科学大臣賞受賞。プロチーム和太鼓暁の代表を務め、2017年に同コンテストの組太鼓で同賞を受賞する。

大塚菜生

2013年大学入学と共に和太鼓を始め、その後和太鼓暁に所属。2017年岡谷太鼓まつり世界和太鼓打ち比べコンテスト女子の部 最優秀賞受賞。鷹-TAKA-の主宰する和太鼓打楽にて指導も行う。和太鼓の他、箏を伊藤江里菜氏に師事し活動している。

開催概要

日 時 2019年10月12日(土)
開演 15:00(開場 14:00)
会 場 東京経済大学 国分寺キャンパス
4号館D101教室(予定)
※お車でのご来場はご連慮ください。
国分寺キャンパスへの行き方
参加費 1,000円(大倉記念学芸振興会会員・学生/生徒/児童は無料)
※参加費は当日受付で申し受けます。
※大倉記念学芸振興会会員は会員証、学生/生徒/児童は学生証等を当日受付でご提示ください。
※6歳以下のお子様は入場できません。
定 員 先着500名
問い合わせ先 東京経済大学 広報課
電話(042)328-7900
FAX(042)328-7768
Eメール pr@s.tku.ac.jp



大学ニュース