|| ジャーナル『メディア・情報・コミュニケーション研究』(ISSN: 2432-048X) ||

WebLabでは2016年にオンライン論文誌『メディア・情報・コミュニケーション研究http://jmic-weblab.org/ojs/index.php/jmic/(以下、JMIC)を創刊しました。

JMICでは論文投稿を随時受けつけています。詳しくは以下の情報をご参照下さい。

対象と範囲

『メディア・情報・コミュニケーション研究』は、コンピュータベース・メディア、およびそこでの情報やコミュニケーションに関する行動科学研究、それらに関する研究手法や方法論を主な対象とし、従来の学術雑誌になじまないテーマや萌芽研究も扱います。

本誌に投稿できる論文のカテゴリーは、研究論文および技術資料に大別されます。投稿のさいに、どのカテゴリー の論文として掲載されることを希望するか自己申告してください。

なお本誌は日本語論文のみを受け付けます。

JMIC編集委員会

編集委員長

川浦康至(東京経済大学)

編集委員

藤桂(筑波大学)、石井健一(筑波大学)、川上善郎(フリー)、北村智(東京経済大学)、三浦麻子(関西学院大学)、佐藤広英(信州大学)、柴内康文(東京経済大学)、渋谷明子(創価大学)、清水裕士(関西学院大学)

投稿用テンプレートと投稿規定

JMICへの投稿にはWordのテンプレートファイルを利用していただく必要があります。こちらのリンクからWordのテンプレートファイルをダウンロードして下さい(Wordのテンプレートファイルはdocxファイルで提供しています)。

JMICの投稿規定は上記のテンプレートファイルの中に書いてあります。熟読の上、投稿用原稿を作成して下さい。投稿規定を守っていない原稿に関しては、投稿を受け付けない場合があります。

JMICについて

JMICは電子出版によるジャーナルです。創刊時よりJMICでは論文の投稿、査読、編集、公開に電子学術出版システム Open Journal System (以下、OJS)を用いています。OJSの詳細に関しては開発元である Public Knowledge Project のサイト、または次世代学術コンテンツ基盤共同構築事業(CSI) 委託事業 領域2「リポジトリと電子出版の連携モデルを確立するための実験開発」をご覧ください。

JMICへの新規投稿は2016年4月1日から受付します。受付をした論文から査読、編集、早期公開されるので、通常の巻には投稿期間は設定されていません。

JMICへの投稿には特別な資格はありません。ただし、投稿者には後日、別の論文の査読をお願いすることがあります。