東京経済大学

MENU

ソーシャルメディア利用ガイドライン

(教職員と学生共通)

ソーシャルメディア(LINE、Facebook、YouTube、Twitterなど)は、高い利便性を持ち、急速に普及しているメディアですが、使い方を誤ると思わぬ結果(人権侵害など)を引き起こす危険性があります。
このため、東京経済大学では、本学構成員(教職員、学生)のみなさんに、ソーシャルメディアの使い方について、その指針を示すためにソーシャルメディア利用ガイドラインを制定しました。
ソーシャルメディアの特性や危険性などを正しく理解し積極的な活用をするとともに、自らが関わる法やルールについての理解を深めることで、現在、社会的に問題となっている様々なトラブルを回避するよう行動してください。

1. ソーシャルメディアとは何か

ブログ、SNS(LINE、Facebook、mixi など)、情報投稿サイト(YouTube、ニコニコ動画など)、Twitter、電子掲示板(BBS)など、インターネット上での情報発信や双方向でのコミュニケーションが可能なすべてのメディアをソーシャルメディアと呼びます。

2.注意すべきポイント

  1. 法やルールを守る
    • 法律・条例や所属する組織のルールを遵守してください。

    TwitterやFacebookなどで問題になるのは、違法行為(未成年飲酒や飲酒運転など)や所属する組織のルール違反(大学でのカンニング行為やアルバイト先の守秘義務違反など)について、法やルールを破った行為であることを自覚せず、また不特定多数の人々が見ているということを認識しないで投稿などをすることです。 情報を発信する場合には、違法行為でないか、所属する組織(大学だけでなくアルバイト先なども)のルールを破っていないか、それ以外にも社会的に非難される行為(著名人や企業等への侮辱的発言など)でないかどうかを必ず確認し、該当すると判断した場合には自制してください。
    <トラブル例>
    「未成年飲酒や飲酒運転の公表」、「著作権などのある画像や文章などの無断使用」、「カンニングの告白」、「アルバイト先などで知り得た情報の無断開示」など。

  2. プライバシー(自分と他者の両方)を守る
    • 自分のプライバシーを守ることに加えて他者のプライバシーを守ることも常に心がけてください。

    実名で登録するメディアについては、携帯電話番号、メールアドレス、住所、顔写真など自分のプライバシーの詳細を示せば示すほど個人や住所などが特定されてしまい、なりすましやストーカー行為など様々なリスクが増大します。
    また、たとえ親しい間柄であっても他者のプライバシーや個人情報を無断で公表することは絶対にやめてください。
    <トラブル例>
    「なりすまし(プライバシーを公表しすぎたことが原因となることもあります)」、「著名人等のプライバシー行為の公表」など。

  3. 自分の発信する情報に責任を持つ
    • 情報を発信する場合には、正しい内容であるかどうかを常に確認してから発信してください。
    • 誰かに迷惑をかけたり傷つけたりしないかどうかよく考えてから発信することを心がけてください。

    誤った情報を発信してしまうと、その情報はすぐに削除することができてもキャッシュとして永遠に残ることになります。また、ネット上の情報は意図しない他者に見られる可能性もあります。このため、誤った情報を発信してしまった場合にはすぐに訂正し、必要な場合(特に他者を傷つけてしまった場合)はお詫びの文章を追加で発信してください。匿名での発信であっても同様です。

  4. 他者に敬意を払う
    • ソーシャルメディア上での議論等の場合、単なる攻撃をするのではなく、他者に敬意を払うことを忘れずに議論等を行ってください。
    • 人種や性差などによる差別的な内容、他者を不快にさせる性的な内容、偏った批判などは決してしないように細心の注意を払ってください。

    SNS上での不用意な書き込みが発信者本人だけでなく家族や友人など周りの人間を巻き込んで大きな問題になることがあります。また、匿名であっても発信者が特定され個人情報が流出する場合もあります。発信内容は将来にまで影響するため、よく考えてから発信するようにしてください。

  5. 本学構成員であることの自覚と責任を持つ
    • 情報を発信する場合には、本学構成員(教職員、学生)である自覚と責任について考えるようにしてください。
    • 大学の校章やロゴ等の無断使用や大学名での無許可の発信などは禁止します。

    本学構成員として、「法やルールを守る」「プライバシーを守る」「自分の発信する情報に責任を持つ」「他者に敬意を払う」ことなどを常に心がけて行動するようにしてください。

3. 相談・連絡先

万が一、個人情報漏えいや炎上などのトラブルが発生した場合、またはそのおそれがある場合は、すぐに下記部署に届け出てください。

教職員 総務課(1号館2階)℡ 042-328-7731
学生  学生課(6号館1階)℡ 042-328-7759

以上