東京経済大学

MENU

現代法学部Faculty of Contemporary Law現代法学科

img img img img img

ビジネスや行政が抱える現実の問題を
法的に解決できる力を身につけます

羽貝 正美 教授

現代法学部は少人数教育を重視し、1~4年次まできめ細かい指導を徹底しています。
1年次の「社会・法学入門」では、実際に法的な問題が起こっている現場に出向いたり、関係者から話を聞くなど、法律を肌で感じる機会を設けています。また、2年次からは6つのプログラムに分かれ、それぞれの分野で現実の問題を深く学習できるのも特徴です。

現代法学部長
羽貝 正美教授
HAGAI Masami

プログラム紹介

総合法プログラム

総合法プログラム

社会生活上で生起する様々な事象や問題にかかわる基本的な公法、刑事法、民事法ルールを学び理解を深めるとともに、問題を法的観点から捉えることができる能力、法的な解決と予防をはかることができる能力を身に付ける。

公共政策プログラム

公共政策プログラム

複雑多様の度を増す国内外の政策課題を幅広く検討し、広義の政治の視点から課題の本質を深く理解して、その解決策を多角的に探求する能力を身に付ける。

ビジネス法プログラム

ビジネス法プログラム

ビジネス法分野における様々な事象や問題について幅広く検討し、これにかかわる経済活動・企業組織・取引ルールをはじめとした各種の法制度等を学び理解を深め、法化社会においてビジネスパーソンに求められる法的素養・知識や法的解決能力を身に付ける。

消費者法プログラム

消費者法プログラム

消費者をめぐる問題を分析し、消費者被害の防止や事業者の公正競争の確保のための法制度を学ぶとともに、持続可能な消費生活をめざす消費者市民の権利と責任を検討することで、問題解決能力を身に付ける。

環境法プログラム

環境法プログラム

21世紀の課題である環境問題を具体的に知り、分析・検討し、行政法や民法などを含めた環境に関連する法の理解を深めるとともに、環境問題とかかわる社会学や経済学などを幅広く学ぶことで、問題解決能力を身に付ける。

福祉法プログラム

福祉法プログラム

高齢者の介護や年金、働く人の雇用や社会保険、あるいは児童の養育などの福祉関連問題を具体的に検討し、福祉に関する法制度の理解を徹底することを通じて、それらの問題を具体的に解決する能力を身に付ける。

学生インタビュー

佐々木 康介(ささき こうすけ)さん

公務員になるために必要な講座もサポートも充実

現代法学部現代法学科 1年

東京都立武蔵野北高校出身

佐々木 康介(ささき こうすけ)さん

浦川 花(うらかわ はな)さん

ゼミで学んだ現場に足を運んで調べる大切さ

現代法学部現代法学科 4年

愛媛県立松山東高校出身

浦川 花(うらかわ はな)さん