東京経済大学

MENU

経済学部



経済学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)及び
学位授与の方針(ディプロマポリシー)について

経済学部の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

経済学部は、先に述べた学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)の達成のため、以下のような教育方針(カリキュラム・ポリシー)で教育課程を編成しています。

経済学科
  1. 優れたコミュニケーション能力を備え、広い視野に立った柔軟な知性を養うために、外国語を含めた総合教育科目を学ぶ。
  2. 「現代経済学入門」「社会経済学入門」などの入門科目をつうじて、経済と経済学の多様な姿と経済学の入門を学ぶ。
  3. 社会のしくみや社会の変化をトータルに理解するために、「基礎科目」において経済学の理論・歴史・思想を学ぶ。
  4. 現代の経済における諸問題を取り上げ、経済学の理解をいっそう深めるために、財政や金融、労働や社会保障、環境や地域経済など暮らしに深いかかわりをもつ「展開科目」を学ぶ。
  5. 本を深く読む力、議論する力、人前で発表する力、社会が直面する問題を解決する力を身に付けるために、「演習(ゼミ)」を重視する。
  6. 「演習(ゼミ)」における成果を確実なものにするために、論文を作成する。
国際経済学科
  1. 優れたコミュニケーション能力を備え、広い視野に立った柔軟な知性を養うために、外国語を含めた総合教育科目を学ぶ。
  2. 「現代経済学入門」「社会経済学入門」などの入門科目をつうじて、経済と経済学の多様な姿と経済学の入門を学ぶ。
  3. 社会のしくみや社会の変化をトータルに理解するために、「基礎科目」において経済学の理論・歴史・思想を学ぶ。
  4. 諸外国および日本の経済社会の特質を深く理解し、グローバルな視野を身に付けるために、世界経済、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの外国の経済を学ぶ。
  5. 本を深く読む力、議論する力、人前で発表する力、社会が直面する問題を解決する力を身に付けるために、「演習(ゼミ)」を重視する。
  6. 「演習(ゼミ)」における成果を確実なものにするために、論文を作成する。
経済学部の学位授与の方針(ディプロマポリシー)

経済学部では学生が、卒業に際して以下の能力を身に付けていることを目標とします。

経済学科
  1. 日本語、外国語、そして情報処理における基礎学力と社会・人文・自然科学の知識教養を身に付けている。
  2. 経済社会をさまざまな視点から総合的に理解するために必要な社会科学の幅広い知識を身に付けている。
  3. 幅広い経済知識と経済学的思考によって現実の経済活動を分析しうる経済学の素養を身に付けている。
  4. 経済学の素養に基づいて社会が直面する諸問題を把握し、現実の環境や文化といった広範なテーマも含めて、現代の問題を解決するための具体的方策を構想する力を身に付けている。
国際経済学科
  1. 日本語、外国語、そして情報処理における基礎学力と社会・人文・自然科学の知識教養を身に付けている。
  2. 経済社会をさまざまな視点から総合的に理解するために必要な社会科学の幅広い知識を身に付けている。
  3. 幅広い経済知識と経済学的思考によって現実の経済活動を分析しうる経済学の素養を身に付けている。
  4. 諸外国および日本の経済社会の特質を深く理解し、国際社会の一員として活躍できるグローバルな視野を身に付けている。

以上

大学紹介