東京経済大学

MENU

Q&A

どの講座を受講すればよいでしょうか?
各講座についてのオリエンテーションを実施します。それに出席し、説明を聞いてください。そこでは、質問や疑問に答えるとともに、相談にも対応します。また、CSCでは、随時、受講相談に応じています。
誰でも受講を申し込めますか?
本学の学部生、院生であれば受講を申し込めます。条件を満たす卒業生は公務員総合講座に限って、受講を申し込むことができます。なお、一部の講座では、受講対象者としての条件を満たす場合に限って受講を受け付けます。
受講の申し込みはいつからですか?
各講座によって申込期間が異なります。それぞれの講座詳細ページを参照してください。
受講の申し込みはどのように行うのですか?
「CSC講座受講申込方法」を参照してください。
開講後の受講の申し込みはできますか?
原則として開講後の申し込みはできません。しかし、一部の講座で受け付けることがあります。また、4年次に限って、公務員総合講座の途中からの受講申し込みを受け付けることがあります。詳しくはCSCに問い合わせてください。
受講の申し込みの変更や取消はできますか?
申し込みの変更・取消はできません。ただし、疾病等のやむを得ない事情の場合に限り、取消を認めます。
受講の申込者が少数でも開講されますか?
申込者が10名に満たないとき、講座の開講を中止することがあります。この場合、納入済みの受講料と教材費を返還します。
受講料に検定試験の受験料は含まれますか?
含まれません。無料受講者も含めて検定試験は各自が受験料を負担し、各自で申し込みます。
教材は、いつ、どこで受け取るのですか?
原則として初回講座の開始時刻の1時間前からCSCで配付します。数回に分けて配布することもあります。配付日から1カ月を経過したとき、配付を終了します。なお、教材受取の有無にかかわらず教材費は返還しません。
やむを得ず講座を欠席した場合どのようにすればよいですか?
欠席した部分について必ず自習し、次回の講座で講師に質問するなどしてください。講座によっては、Web動画やDVD(CSCで貸出)で自習や復習をすることができます。欠席時に資料が配付されていた場合は、CSCで受け取ってください。
講座が休講になることはありますか?
講師が急病や急用などのため、あるいは交通機関の事故や悪天候などのため、講座が休講になることがあります。休講や補講については、掲示(大倉喜八郎進一層館1階入口の本日のキャリア・サポート講座)やCSCのWebサイト、TKUポータルなどでお知らせします。
講座内容の録音や録画などをしてもよいですか?
講座内容の録音や録画、写真撮影は、著作権との関係上、お断りします。
どのようにすれば試験に合格できますか?
合格のための近道はありません。講座に出席する/予習と復習をする/やむを得ず欠席した場合、そのフォローをしておく/過去問題や予想問題にも取り組む。このようにすることによって、合格の可能性が生まれます。
休講や補講以外の講座に関する連絡はどのように行われますか?
TKUポータルや掲示(大倉喜八郎進一層館地下2階)により行います。
CSC事務室の場所はどこですか?
大倉喜八郎進一層館地下2階です。

CSC