東京経済大学

MENU

キャンパス・周辺情報紹介

東京経済大学は、武蔵野の自然が今なお残る街・国分寺にあります。
国分寺は、歴史と現代が共存している街で、奈良時代に建てられた武蔵国分寺の遺跡をはじめ、数多くの史跡が残っていたり、駅周辺にはショッピングビルや個性的なカフェ、雑貨店などのお店があったりします。
また、キャンパス内には緑豊かな雑木林の面影があり、その落ち着いた雰囲気は大学生活を満喫するのに最適な環境を作りだしています。

キャンパス周辺

東京経済大学への通学途中には、殿ヶ谷戸庭園のように武蔵野の自然をそのまま残した場所が多く、野川沿いの遊歩道などでは散歩を楽しむ人も多く見かけます。また、駅周辺にはオシャレなお店もあり、中には、東経大生限定の割引をするお店もあります。

国分寺駅

駅周辺にはショッピングビルや飲食店等が建ち並んでいます。国分寺駅からはJR中央線のほか、「トトロの森」が広がる狭山丘陵につながる西部多摩湖線や国分寺線も利用できます。

殿ヶ谷戸庭園

園内は自然の地形を生かした回遊式庭園となっており、都市部に残された数少ない武蔵野らしさが感じられる植生が見られます。樹木のみならず野草も多く、武蔵野の雑木林の春を彩る花々にも出会うことができます。

武蔵国分寺

現在は旧武蔵国分寺の寺域の中心部分と、旧武蔵国分尼寺跡の一部が史跡公園として整備されている、東京都国分寺市西元町・東元町に所在する古代寺院跡です。
武蔵国の国分寺の遺跡として、国の史跡に指定されています。

東経大生のお気に入りのショップ
SAKURA サクラ

SAKURA サクラ
アクセサリー、インテリア用品、食器、衣料品と、雑貨が所狭しと並ぶ店内はおもちゃの箱の中のようです。

QUIGNON キィニョン

QUIGNON キィニョン
国分寺駅からの通学途中にある手作りパンのお店で、自家製発酵種のパンやスコーンがオススメです。

CAFE SLOW カフェ・スロー

CAFE SLOW カフェ・スロー
広々とした店内から窓辺の緑を眺めながら、ゆったりとした時間が過ごせるカフェです。オーガニックな素材を大切にしたメニューは、他では味わえないものばかりです。

キャンパス内

四季折々の国分寺キャンパスの表情をご覧ください。

3月

学生会館前の桜です。この年は卒業式と入学式の間に芽吹きました。

4月

入学式当日の写真です。東京経済大学の入学式は国分寺キャンパスの100周年記念館で行われます。

4月

これも入学式当日ですが在学生たちはくつろいでいます。葵陵会館の1階テラス。

5月

1号館と2号館の間のイチョウです。4月下旬から5月の連休前の新緑の緑は本当にきれいです。

8月

オープンキャンパスで在学生がキャンパス内を案内しています。

10月

図書館裏で見つけたどんぐりです。まだ青いところがかわいらしいです。

11月

イチョウの絨毯が少し減っています。毎年11月下旬には構内は黄色一色となります。

12月

2号館3階からの眺めです。12月に入ったばかりのイチョウです。

スペシャルコンテンツ



キャンパスライフ