東京経済大学

MENU

国際交流

東京経済大学では様々な国際交流プログラムを用意しています。
海外に行かずともキャンパス内で国際交流ができる取り組みも行っています。
キャンパス内外でのチャレンジを応援します。

国際交流のすすめ

海外で学びたい方へ国際交流委員会 委員長 
小島 健教授(経済学部)

私たちの生活は、日本だけで完結しているわけではありません。地球上のさまざまな国や地域の影響を受けています。それは、環境問題、企業活動、国際組織の活動、移民・難民問題など例を挙げたらきりがありません。そこで重要になるのが日本だけに限定されない各国・各地域に関する知識や人々との交流なのです。異文化理解は、グローバル化した社会に出る皆さんにとって必要不可欠となります。そして、その手段が英語をはじめとする外国語の習得です。

東経大では、2015年10月に外国語や異文化を学習するための参加体験型の学習施設としてグローバルラウンジ コトパティオを開設しました。誰でも気軽に立ち寄れ、ネイティブスピーカーとの会話、プレゼンテーションの練習、ゲームを利用した学習そして異文化を体験する各種イベントなどを行っています。

本学では海外の協定校と交換留学の協定を結んでおり、休学することなく1年間留学することができます。また、短期語学研修の制度があり夏季・春季休暇に行われ参加費を補助しています。さらに東経大は海外でのゼミ研修を支援しています。夏季・春季休暇にゼミで海外に行き現地の大学,企業などを訪問して調査をし,帰国後にはその成果を報告してもらっています。報告を聴くと海外体験によって知見を広め異文化に対して共感する心を持つようになったことがよくわかります。

上記以外にも東経大に来た留学生を支援するチューター制度など様々な国際交流のための仕掛けを本学は用意しています。学生の皆さんには,世界を偏見のない目で見,多文化共生の理想に向かって国際交流に楽しみながら取り組んでほしいと思います。


キャンパスライフ