蔵書・貴重書

蔵書の傾向

本学図書館は、和洋あわせて約79万冊の蔵書があり、経済・経営・法律を中心とする社会科学系の資料が全体の5割を占めています。電子資料についても、オンラインジャーナルを始め経済・企業データ、法律情報、新聞記事等をを契約しています

蔵書数・受入雑誌タイトル数(2015年度)

内訳和書洋書合計
図書 523,033 冊 245,385 冊 778,797 冊
受入雑誌タイトル数 2016 タイトル 636 タイトル 2,652タイトル

貴重書・特殊資料

下記の資料は、貴重書・特別コレクションです。コレクションの一部は、本学機関リポジトリで公開しています。
現物の閲覧利用については、「貴重書・特殊文庫の利用」をご確認ください。

桜井義之文庫  ※リポジトリで公開しています

近代朝鮮研究の文献誌家として著名な故・桜井義之氏の蔵書約1800点から成ります。
ほとんどが、明治・大正・昭和の三期にわたって刊行された植民地時代の日本人による日本語の朝鮮関係文献です。
このコレクションには、明治期日本人の朝鮮観をうかがわせる「朝鮮関係錦絵」も含まれています。

三橋文庫

本学の母体である大倉商業学校の出身者で、東京神田で古書店を経営していた、故・三橋猛雄氏が収集した数千点にのぼる明治前期の刊行物です。

ローダデール文庫  ※リポジトリで公開しています

18~19世紀に活躍した米国の貴族経済学者・第8代ローダデール伯(1759~1839)が収集した資料です。
この文庫がローダデール蔵書の全てではありませんが、「国富論」初版本や、珍しい当時のパンフレット類、貴重な資料が含まれています。
ローダデール伯自身はアダムスミスの「国富論」を批判した「公富論」を著しています。

四方博朝鮮文庫

朝鮮史研究者、四方博氏が収集した朝鮮関係資料のコレクションです。
4,225件(冊)、2,946タイトルが、2010年に本学の所蔵となりました。
所蔵目録は、下記PDFファイルでご確認いただけます。