資料の利用

資料の種類・配置

資料の種類

資料の種類説明貸出
一般図書 一般の図書です


指定図書、推薦図書等、貸出に制限のある資料もあります

参考図書

事典・辞書・地図・統計など
緑の「参考書」シールが貼付されています


フロアの資料はは当日貸出
書庫資料は2週間貸出
雑誌(カレント・製本) 雑誌の新しいものは、1階書架に配架
バックナンバーは製本して書庫に保管しています
不可
AV資料 DVDは館内のパソコンで閲覧 資料ごとにことなります。現物で確認してください。
マイクロ資料 マイクロリーダーで館内閲覧・複写が可能です。 不可

館内資料配置表

3階
  • 和書・和参考図書(33-39社会科学/40自然科学/50技術工学/60産業)
  • 統計・年間
  • 企業関連本(別冊東洋経済、会社四季報、有価証券報告書総覧等)
2階
  • 和書・和参考図書(00総記/10哲学/20歴史/30-32社会科学)
  • 法学関連資料(法学判例雑誌バックナンバー/判例集)
1階
  • 和書・学習図書(推薦図書/指定図書)
  • 課外図書/新書文庫/語学/キャリア関連本
地下1階
  • 和書・和参考図書(70芸術/80語学/90文学)
  • 社史・洋書・洋参考図書

書庫の場所と請求方法

OPACの所在表示書架の場所請求方法
1階・2階・3階・地下1階 開架資料です。
各フロアの書架に配架されています。
OPACで「請求番号」を確認して探してください。
自動書庫 閉架資料です。
自動書庫内に保管されています。
OPACから出庫請求をして、2階カウンターに受付番号の印刷されたレシートをお持ちください。
※出庫請求の際は、マイライブラリでのログインが必要です。
資料のカウンターでの取り置きは当日のみです。
閉館15分前までに2階カウンターまで資料を取りにきてください。
書庫1・書庫3 閉架資料です。
出庫請求が必要です。
館外の書庫に保管されています。出庫するまでしばらく時間がかかります。
請求票を印刷して、カウンターに請求してください。出庫までしばらく時間がかかります。
引き渡しは2階カウンターです。
資料の取り置きは出納予定日の翌開館日までです。

⾃動書庫

資料の利用

閲覧利用

資料返却台

各フロアの資料は、自由に閲覧可能です。
書庫の資料はカウンターに申請してください。
館内で閲覧した資料は、書棚に戻さずに各フロアに設置されている資料返却台に返却してください。
書庫資料については、カウンターに返却してください。

館外貸出

⾃動貸出機

資料を館外へ持ち出す際は、貸出カウンターまたは自動貸出機で貸出手続きが必要です。
図書館利用証(身分証・学生証)で手続きを行ってください。
雑誌や指定図書等、貸出の出来ない資料もあります。

対象 貸出冊数 貸出期間 貸出に必要なもの
学生 15冊 2週間 学生証
大学院生 30冊 3カ月 学生証
教員 100冊 6カ月 身分証
非常勤教員 30冊 3カ月 出講カード
職員 15冊 3カ月 身分証
上記以外の方 8冊 2週間 図書館利用カード

※図書館利用カードをご利用の利用者は、自動貸出機での貸出はできません。

返却

貸出手続きをした資料は、返却期限内にカウンターもしくは1階入り口脇の返却ポストに返却してください。
(DVD・CD等破損しやすいものは返却ポスト利用不可)

貸出延長

借りている資料は、3回まで貸出延長が可能です。
マイライブラリ・自動貸出機・貸出カウンターで延長手続きを出来ます。
ただし、下記の場合は延長ができません。

  • 延滞後の罰則期間中の方。
  • 延長可能回数を超えている資料の場合。
  • 延滞している資料がある。
  • 資料に次の予約がついている。

予約

借りたい資料が貸出中の場合は、OPAC画面からMyLibraryにログインして予約ができます。
予約した資料が返却されると、TKUメールに連絡が届きますので、1階カウンターで借りに来てください。
資料は1週間カウンターに取り置き保管されます。保管期限を過ぎた資料は、次の予約者の予約になるか、書架に配架されます。

延滞罰則

資料を延滞した場合、下記の罰則がかかります。

  • 延滞資料がある期間は、貸出・予約・資料の延長申請が出来ません。
  • 延滞した資料を返却した翌日までの期間も、上記と同様に資料の利用ができません。

貴重書・特殊文庫の利用

本学所蔵の貴重書・特殊文庫を閲覧する場合には事前申請が必要です。
申請受付から回答までに数日かかりますので、閲覧希望日までの日数に余裕をもってお申込ください。(申請当日の許可は出来ません。)

一部のコレクションは、本学の>機関リポジトリにてアーカイブを公開しています。
リポジトリでアーカイブを公開している資料については、現物の閲覧利用は出来ません。
データダウンロードは無料ですが、無断複製・転載を禁止します。

閲覧申請の手続き方法

1.閲覧の申込

所属の図書館(大学・研究機関の図書館、もしくは公共図書館)等、公の期間を通じて、所蔵照会ならびに「貴重書閲覧申請書」を郵送もしくはFAXかメールにて下記まで送ってください。

個人からの申請は受付できません。本学所属の方は、図書館カウンターにて申請してください。

    <<申請先>>

    〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34
    東京経済大学図書館 課長気付 図書館長 宛
    TEL:042-328-7764 / FAX:042-328-7777
    E-mail:library@s.tku.ac.jp

  • 貴重書閲覧申請書
2.審査および回答

館内審査のうえ、FAXまたはメールにて可否を回答します。(回答までには数日かかります)

3.閲覧

閲覧時には、「閲覧許可の回答書」、ご所属機関の身分証(所属のない方は公的身分証、学内の方は教職員身分証または学生証)をお持ちのうえご来館ください。

  • 閲覧時間は、開館日の平日9時~17時です。
  • 図書館内で職員の指定する場所で閲覧してください。館外貸出はできません。
  • 原則として一人一日につき10点以内(一度の閲覧は5点以内)の利用となります。
  • 資料の劣化状態等により、閲覧提供できない場合もあります。
  • 万一の資料汚損を防ぐため、メモ用の筆記用具は鉛筆のみでお願いします。(消しゴムの使用はできません)
  • 電子複写(ゼロックスコピー)はできません。個人の研究用に限り、デジタルカメラでの撮影を許可します。

出版・放映等への利用をご希望の場合

閲覧申請とは別の手続きが必要となりますので、お問い合わせください。
桜井文庫所収朝鮮錦絵の画像利用については、「朝鮮錦絵利用申請書」を提出して申請してください。

ポジフィルムの貸出は、1枚1万円 2枚目以降1枚につき2千円となります。(教科書・非営利出版物等については無料です。)