東京経済大学

MENU

情報システム課の紹介
情報システム課の紹介です

業務内容

東京経済大学情報システム課は、本学のコンピュータ、情報ネットワーク及びマルチメディア設備を管理運用し、本学の教育・研究、事務業務に資することを目的として、以下の業務を行っています。

  • 教育・研究用学内ネットワーク「TKU-NET」の整備及び管理、運用。
  • 事務システムの整備及び管理、運用。
  • コンピュータに関連する施設・設備、マルチメディア設備の整備及び管理、運用。
  • 教育・研究及び事務において、学内のコンピュータ及びネットワークを利用する者に対する支援等。

情報システム課では、これら学内のコンピュータ等情報設備及び学内ネットワークの整備を行うことにより、教育・研究、事務環境の充実を行う役割を担っています。

»情報システム課発足のお知らせ(2003.10.15付)
2003年10月15日付で、電算室、総務課事務システム開発室、AVセンター、メディア工房の事務部門を合併し、「情報システム課」が発足いたしました。
所属4部門の機能はかわりませんので、窓口は旧来のままとなります。情報・メディア関連の各委員会のもと、統括的な情報機器の管理運用を目指しております。旧電算室が情報システム課の名称を使用いたします。

システム環境

以下概要です。詳細は「利用ガイド(利用環境)」ページの「利用環境の紹介」をご参照ください。

TKU-NETについて

「TKU-NET」(Tokyo Keizai University NETwork)とは、教育・研究利用を主目的とする学内ネットワークの総称です。 LDAPによる統合認証、認証VLAN等の機能を持つギガビットネットワークで構成されています。

・「統合認証システム」により、学内の各サービスは同一のID、パスワードで利用が可能です。

・「SSL-VPNシステム」により、自宅等学外から学内環境へのセキュアなアクセスが可能です。

・セキュリティ対策として、専用サーバにて「悪意のあるWEBサイト」と判断された場合、アクセスを遮断します。 ※参考

・セキュリティ対策として、専用サーバにて「不正アクセス監視」「ウィルス(ワーム)対策」を行っています。
 学内-学外間において不正な通信と判断された場合、対象端末の通信を遮断します。

・インターネット接続用の回線を二重化しています。負荷分散を行うとともに、障害時の影響を最小限に留めています。
学内共用PCについて

本学には、学生が利用できるPCが900台以上設置されています。(Windows、Mac等)

教室以外にPCコーナーを設置しており、ここでは授業時間に関係なく利用できます。
(葵陵会館1,2階、学生厚生会館1階、1号館2階ラウンジ 計4か所)

また、武蔵村山キャンパスにも学生用PCを設置しており、上記国分寺キャンパスのPCと同様の利用が可能です。

無線LAN環境について

各棟のラウンジやほぼ全ての教室、会議室に無線LAN環境を整備しており、持込PCやスマートフォン等を接続することが可能です。(IEEE 802.11a/b/g/n対応)
これらの接続は「統合認証システム」により、その利用(認証)方法が統一されています。
(各教室、会議室等に有線(情報コンセント)環境も整備されています)

「TKUポータル」(WEB履修システム)について

「TKUポータル」(東京経済大学ポータルサイト)とは、本学学生の学習・学生生活をサポートするためのWEBコミュニケーションツールです。履修登録のための「WEB履修」も可能です。
インターネットを介して学内外から利用できる他、携帯電話からもアクセスすることができます。
★2016年4月より、ポートフォリオシステム「manaba」もサービス開始しました。

メールシステムについて

メールシステムは「教員、学生用」と「事務職員用」に分かれており、何れも学外のサービスを利用しています。
これにより、学内での計画停電等によるシステム停止の際も、その影響を受けずに利用可能となっています。

事務システムについて

事務用ネットワークは、教育・研究用ネットワークとは独立したネットワークで構成されています。
教育・研究用ネットワークとの間に事務用ファイアウォールを設置し、セキュリティを高めています。
※主なシステム : 財務・資産管理システム、規程集システム、人事・給与システム、校友システム等。

データセンターの利用

学外のデータセンターの利用により、災害時の対策を施しています。
また可用性、運用効率を高めています。

安否確認システムについて

災害発生時に、本学学生/教職員の安否確認を迅速に把握するとともに、Webによる情報の一元管理が可能なサービスです。(学外サービスを利用)


他にも以下システム(サービス)がTKU-NET上で稼働しています。(括弧内は管轄部署)

  • 就職支援システム(キャリアセンター)
  • 図書館OPACシステム(図書館)
  • シラバス検索システム(学務課)
  • 証明書発行機システム(学生課)
  • 専任教員 教育研究データーベース(研究課)
  • 教職員向けグループウェアシステム(情報システム課)
  • TKU授業アーカイブス(情報システム課)

TKU-NETの対外接続サービスの歩み

開始年月 インターネット回線
[JOIN]
インターネット回線
[NTTcom]
(帯域保証)
インターネット回線 [USEN]
(ベストエフォート)
ダイヤルアップ
接続サービス
1994.11~ 64Kbps開設       
1996.09~ 256Kbpsへ増速 8回線 開設
1998.04~ 1.5Mbpsへ増速 
1999.06~ 8→31回線への増
(INS1500増設)
2001.09~ 3Mbps開設
2003.08~ 6Mbpsへ増速 PIAFSに対応
2004.07~ 31→23回線への減
(研究用回線廃止)
2004.08~ 2006年3月末で
JOINサービス終了
 
100Mbpsへ増速
2005.04~
2008.04~ 2008年4月で
ダイヤルアップ 接続サービス終了
 
2009.03~
2013.03~ 150Mbpsへ増速
2014.12~ 200Mbpsへ増速
2015.09~ 250Mbpsへ増速
2016.04~ 300Mbpsへ増速 サービス開始
(1Gbps BestEffort)

2009年3月、国分寺-村山キャンパス間VPN接続サービス開始(Group-VPN)。
 ※2014年8月より「Arcstar Universal One」に切替。

2014年8月、データセンター用に以下回線を新設。
 ・インターネット回線「ビジネスOCN バーストイーサ」。
 ・VPN回線「Arcstar Universal One」。※国分寺キャンパス-データセンター間。

沿革 (TKU-NET等、教育・研究環境の沿革)

1994年度 tku.ac.jpドメインを取得
3号館電算室内の実験的ネットワーク導入。JOIN経由でのインターネット接続を開始(64Kbps)。
1995年度 第一期ネットワーク工事が完了。
 ・6号館の各研究室、新規のパソコン教室(3室で合計105台)がインターネット利用可能。
 ・サーバーを6号館へ移設。
高機能サーバーを導入。15台のパソコンと31台のワークステーションも導入。
国分寺キャンパス内のネットワーク工事が完了。
 ・各研究センターや図書館などからのインターネット利用が可能。
1996年度 ダイアルアップ接続サービスの開始。(8回線)
JOIN専用回線を256kbpsへ高速化。
1997年度 46台のパソコンを設置。(PC自習室を開設)
1998年度 パソコン教室(PC39台)を設置。
JOIN専用回線を1.5Mbpsへ高速化。
全学生の利用に対応できるサーバーへリプレース。
3教室のパソコンをリプレース。
1999年度 ダイヤルアップ回線数を新たに23回線増設。
PC教室10教室監視のための「ウィルス対策サーバ」導入。
2000年度 パソコン教室(PC49台)を設置。
自習室,大学院自習室等の情報コンセント敷設。
2001年度 サーバ・ネットワーク機器の大規模リプレース。
 ・基幹系を1Gbpsに、支線系をほぼ100Mbpsへ高速化。(レイヤ3スイッチの導入等)
 ・JOIN専用回線以外にも新たに専用線(スーパーOCN回線3Mbps)を増設。
PC教室の大規模リプレース。
 ・PC教室の10教室中8教室の機器(PC、液晶ディスプレイ、プリンタ、スキャナ等)リプレース。
 ・PC教室の7教室のAV装置をリプレース。(マイクを赤外線対応)
2002年度 ゲートウェイ型メールウィルスチェックサービスの開始。
2003年度 ダイヤルアップサーバをPIAFS対応機種へリプレース。
専用回線(スーパーOCN)を3→6Mbpsへ高速化。
2004年度 研究用ダイヤルアップ回線の廃止。(31→23回線へ)
サーバ・ネットワーク機器の大規模リプレース。
 ・ギガビットネットワークの構築。
 ・専用回線を6Mbps→100Mbpsへ高速化。(対JOIN接続を終了)
 ・各研究センター(教員個室)の完全DHCP化。
 ・LDAPを中心とした「統合認証システム」の導入。
 ・無線LANサービス開始。
 ・WEBメールサービス開始。
PC教室の大規模リプレース。
 ・PC教室10教室について、最新機器(PC、液晶ディスプレイ等)へリプレース。
・PC教室10教室について、プリンタ(カラー含む)、スキャナをネットワーク対応。
 ・PC教室2教室(C106,F502)のAV装置のリプレース。
 ・PC教室-コアスイッチ間を1Gbpsで接続。
2005年度 VPN接続サービス開始。
PC教室(F505)のAV装置のリプレース。
無線LANの利用エリア追加。
e-Learning用教室を4教室新設。
 ・PC計156台設置(ヘッドセットマイクロフォン装着)。
 ・各教室にネットワークプリンタ設置。
 ・コアスイッチと1Gbpsで接続。
 ・elearningシステム(サーバ)の導入。
2006年度 SPAMメール対策サービス開始(SPAM対策専用サーバ設置)。
非常勤教員用のPC環境提供。
葵陵会館改修に伴うPC利用環境の構築。
 ・PC計20台設置。(1階10台、2階10台)
 ・無線LANの利用エリアを拡大。1階(食堂含む)~3階をカバー。
2007年度 e-Learning学習の環境改善。
 ・e-Learning教室(4教室)にAV装置(プロジェクター)を設置。
 ・e-Learningツールのバージョンアップ。
ネットワークリプレース。
 ・無線/有線統合セキュリティシステムの構築。(認証スイッチのリプレース)
 ・冗長化構成の強化。(WEBメールサーバ、LDAPサーバ、コアスイッチ等)
 ・IDS(不正侵入検知システム)を最新機器へリプレース。
PC教室のAV装置リプレース。
 ・C104,C105教室のAV装置を、プロジェクターから大画面ワイドディスプレイに変更。
学習センター(6号館2階)の設置に伴い、センター内での無線LAN環境の構築。
PCコーナー新設。
 ・学生厚生会館1階(9台)、1号館2階(16台)に新設。葵陵会館にも4台増設。
 (3箇所のPCコーナーでPC合計49台)
ダイヤルアップ接続サービスの終了。
2008年度 TKUポータル(新教学情報システム)のリリース。
WindowsVISTA導入(10台)。※C102教室レイアウト変更。
大学院研究室1~4、社会調査室のPC環境をリプレース。
ファイアウォールの冗長化。(ウィルス監視機能付ファイアウォール)
PCコーナー、図書館検索コーナーにネットワークプリンタを設置。(計7台)
6号館4階全域(F401~F418教室)の無線LAN対応。
武蔵村山キャンパスにPCコーナーを設置。(VPN回線で国分寺と接続)
2009年度 PC自習室を6号館5階に新設。※F502教室を分断。
 ・WindowsVISTA 17台、WindowsXP 18台構成。全台、昇降式の22インチワイド液晶モニタ。
 ・ネットワークプリンタ(モノクロ、カラー)、スキャナ設置。
6号館1階(学務課前)にPCコーナー新設。
Windows 7の導入。(PC自習室1,2に計27台)
無線LANエリアの増設。(6号館5階F501~505教室)
2010年度 学内メールシステムのリプレース。
 ・職員用メールシステムとして「Zimbra」を導入。
 ・教員、学生用メールシステムとして「Gmail」(Google Apps)を導入。
TKU-NETサーバ群のリプレース。
 ・主要サーバ(DNSサーバ、ADサーバ、WWWサーバ、キャッシュサーバ、
  ファイルサーバ等)のリプレース。
 ・LDAP認証システムをリプレース。
 ・パスワード変更システムをリプレース。
 ・ブレードサーバ構成による仮想化システムの導入。(消費電力の削減)
PC教室の大規模リプレース。
 ・PC教室全11教室の機器類(PC、プリンタ、スキャナ等)について、最新型へ
  リプレース。(全台Windows7へ。省スペース型による消費電力の削減)
 ・PC教室6教室(C103,C106,F501~F504)の中間モニタをリプレース。
2011年度 SSL-VPNシステムのリプレース。
PC教室のAVシステムのリプレース。
 ・F501,F503,F504教室のAVシステムリプレース(プロジェクタ新設等)。
学内共用PC機器類のリプレース。
 ・キャリアセンター(10台)、学習センター(2台)、教員室(2台)
シンクライアントシステムの導入。
 ・PCコーナーのPC(計49台)をシンクライアントシステムへリプレース。
 ・PCコーナーのプリンタ(計4台)もリプレース。
2012年度 大学院関連教室のPC機器類のリプレース。
 ・大学院研究室1~4(4教室 24台)、ニューズルーム(3台)、社会調査室(11台)
PC教室のAVシステムのリプレース。
 ・F502,F505教室のAVシステムのリプレース。
新5号館竣工。 ※3号館は解体。
 ・PC教室(6教室 計277台)、PCL演習室(4教室 計82台)、
  e-Learning教室(5教室 計213台)。
 ・館内ネットワークの帯域は1Gbps。
 ・全フロア(全教室)無線LAN対応(IEEE 802.11a/b/g/n対応)。
TKUポータルのサーバ機器リプレース。
学内ネットワークの大規模リプレース。
 ・国分寺キャンパス各館のネットワーク機器をリプレース(ギガビット対応)。
 ・コアスイッチの仮想化。※VSS(Virtual Switching System)の採用。
 ・無線LANエリアの拡大。全教室、会議室をエリア(IEEE 802.11a/b/g/n対応)
国分寺キャンパスにWEBカメラ設置。
武蔵村山キャンパスのPC環境リプレース
 ・学生向けPC、プリンタ機器類のリプレース。
メディア工房のMac環境のリプレース
 ・Mac(24台)のリプレース。
インターネット回線の増速。(100Mbps→150Mbps)
Firewall(ファイアウォール)のリプレース。
 ・P2P(ファイル交換ソフトウェア)の監視を開始。
2013年度 授業収録配信システム「TKU授業アーカイブス」の開始。
 ・5号館教室で収録した授業を配信。
バックアップ用インターネット回線の増設。
ソフトバンクWi-Fiスポットの設置。
PC教室の一部にWindows8を導入。
2014年度 新図書館竣工。
 ・利用者向けPC設置。 (PCスペース(1F)、PCスペース(3F)、Database室(3F) )
 ・課金制ネットワークプリンタの導入。
 ・4階(第4研究棟に相当)研究個室の有線LAN、無線LAN対応。
 ・館内(B1F~4F)は全て無線LAN対応。
無線LANの新しい認証方式「IEEE802.1x認証」の開始。
マシン室の大型UPSのリプレース。
データセンターの利用開始。
 ・データセンター用インターネット回線の新設。
 ・国分寺キャンパス-データセンター間のVPN回線新設。
 ・国分寺キャンパス-村山キャンパス間のVPN回線切替。
  ※「Group-VPN」→「Arcstar Universal One」へ。
 ・データセンターへ一部サーバ移設(SSL-VPNサーバ等)。
インターネット回線の増速。(150Mbps→200Mbps)
進一層館竣工(旧図書館改装)。館内無線LAN対応。
E401、E403教室のレイアウト変更。
2015年度 村山キャンパス改修。
 ・PC自習室の新設。(本部棟2階)
 ・研修ハウスでのWifiサービス開始。
  ※「Arcstar Universal One モバイル」(TKU-NETとVPN接続)。
TKU-NETサーバ群のリプレース。
 ・主要サーバ機器(WWWサーバ、ファイルサーバ、認証サーバ、DNSサーバ、
  DCサーバ等)のリプレース。※仮想システム上で運用。
 ・ファイルサーバのDISK装置は、高速・高性能なストレージシステムを導入。
 ・IDS(侵入検知システム)のリプレース。
 ・proxyサーバは負荷分散のため1→2台構成に変更。
  ※WEBフィルタリングの開始(セキュリティ上問題あるサイトの遮断)。
インターネット回線の増速。(200Mbps→250Mbps)
データセンターのFirewallのコールドスタンバイ対応。
グローバルラウンジ開設に伴いPC環境の構築。
2016年度 TKUポータル「manaba」サービス開始。
インターネット回線の二重化とFirewallリプレース。
 ・インターネット回線を新たに追加(1→2本構成)。
 ・既存インターネット回線の増速。(250Mbps→300Mbps)
 ・Fireallを高性能タイプにリプレース(2台構成)。
ieee802.1x用のIPアドレスの拡張。(接続端末の急増に伴う対応)
PCコーナーのPCリプレース。(49台。デスクトップPCからノートPCへ変更)
6号館PC教室のリプレース。
 ・計6教室のPC(211台)、プリンタ、スキャナをリプレース。
 ・PCは記憶装置に「SSD」を採用。O/SはWindows10に統一。
 ・PCディスプレイは21.5インチワイド。(解像度 1920 x 1080)
E301~304教室をアクティブ・ラーニング仕様に変更。
無線LANアクセスポイントの増設。
 ・大・中教室、葵陵会館のアクセスポイントを増設。
 ・スタジオ、ディベート室、100周年記念館、他にアクセスポイントを新設。
TKU_NETネットワーク機器リプレース。
 ・ロードバランサ、WAN側L2スイッチのリプレース。
以下PC環境のリプレース。(PC、プリンタ等)
 ・大学院研究室1~4 ・社会調査室 ・教員室(非常勤教員用環境)

情報システム課