ウィルス対策

1.本学のウィルス対策について

ウィルスとは?
ウィルスの基礎知識」をご参照ください。

ウィルス対策の概要
ウィルス対策として、「ゲートウェイ型」と「クライアントPC型」のウィルス対策ツールを導入しています。
それぞれ異なるメーカーのツールで二重にチェックすることにより、ウィルス検知の確率を高めています。
詳細は以下参照。

ゲートウェイ装置での対策

[TKU_NET(学内ネットワーク)]に設置のファイアウォール(ウィルス対策機能付き)により、ウィルスを監視しています。

PCでの対策

パソコン教室、図書館等、学生利用の共用PCに「ウィルス対策ソフト」を導入し、専用サーバにて一括監視しています。

2.個人用PCのウィルス対策について

無償セキュリティソフト

個別にウィルス対策ソフトを入れていない場合、「Windows Defender」の設定をご確認ください。

「Windows Defender」
Windows Defenderは、Windowsに標準装備されたセキュリティ機能のひとつです。 一般的なウイルス対策ソフトと同様に、コンピューターを保護します。


  1. 「スタート」-「Windows セキュリティ」または「Windows Defender セキュリティセンター」をクリックします。
  2. v-d-01.png
  3. 「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。
  4. v-d-02.png
  5. 「ウイルスと脅威の防止の設定」-「設定の管理」をクリックします。
  6. v-d-03.png
  7. ・「リアルタイム保護」
    ・「クラウド提供の保護 または クラウドベースの保護」
    ・「サンプルの自動送信」
     上記3項目がすべてオンになっていることを確認してください。
  8. v-d-04.png