データの個数を数える

データが入力されているセルの個数を数えるには、COUNT関数やCOUNTA関数を使います。

=COUNT(セル範囲)

範囲の中で、数値データが入力されているセルの個数を数えます。

=COUNTA(セル範囲)

範囲の中で、文字や数値、式などデータが入力されているセルの個数を数えます。

  

  1. 参加者の人数を数えます。
    セルB8をクリックし、[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [統計]-[COUNT]をクリックします。
    値1に[B2:B6]を指定します。
  2. 結果が表示されました。
  3. 申込者の人数を数えます。
    セルB9をクリックし、[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [統計]-[COUNTA]をクリックします。
    値1に[B2:B6]を指定します。
  4. 結果が表示されました。

※ 欠席者の得点が空白になっていた場合、申込者の人数を数えるためには[=COUNTA(A2:A6)]と入力します。