データを間違えて消さないようにする

複雑な計算式が入っているセルを削除してしまわないように、ワークシートやブック全体を保護することができます。
パスワードを設定することも可能なので、他人に変更される心配もありません。
[シートの保護]を実行すると、セルに対して保護をかけることができますが、そのワークシート上のすべてのセルがロックされます。
特定のセルのみを保護する場合には、あらかじめセルの書式設定においてロックの解除を行い、任意のセルのみにロックを設定する必要があります。

  1. [全セル選択]ボタンをクリックし、シートの全てのセルを選択します。
  2. 右クリックのショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックし、[保護]タブをクリックし、[ロック]のチェックをはずし[OK]ボタンをクリックします。
  3. 編集できないように設定したいセルを選択します。離れた場所にある複数のセルを選択する場合は、[Ctrl]キーを押しながらそれぞれのセルをクリックします。
    *数式の入っているセルを選択したい場合は、[編集]-[ジャンプ]-[セル選択]ボタンをクリックし、[選択オプション] ダイアログボックスの[数式] をオンに設定し、[OK] をクリックします。
  4. 右クリックのショートカットメニューから[セルの書式設定]をクリックし、[保護]タブをクリックし、[ロック]のチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。
  5. [ツール]-[保護]-[シートの保護]をクリックします。[シートの保護]ダイアログボックスの[保護対象]にチェックを入れ、パスワードを入力し(省略可)、[OK]ボタンをクリックします。
  6. 保護したセルを編集しようとすると"変更しようとしているセルまたはグラフは保護されているため、読み取り専用となっています。"というメッセージが表示され、編集することができません。

※ 保護の解除は[ツール]-[保護]-[シートの保護の解除]をクリックします。