HEIC形式の画像ファイルをJPGに変換する方法

HEICファイルとは

iPhoneで撮影した画像がPCで見ることができない?

heic_01.png

iOS では iOS 11 から画像のファイル形式が「 JPEG 」から、より高効率な「 HEIF 」が標準になりました。 HEIF(ヒーフ)とは「High Efficiency Image File Format」の略で「高効率画像ファイル」になります。

高画質のままで画像の容量が軽いのが特徴で、JPEGの半分くらいの容量に抑えられるようです。
そしてこのHEIFの拡張子(ファイルの種類を識別するためにファイル名の末尾につけられる文字列)が「HEIC(ヘイク)」です。

iPhoneだけで利用する分には問題ありませんが、Windowsのパソコンで開く場合、この新しいファイル形式に対応していない可能性があります。
「HEIC」に対応していないWindowsパソコンで画像を利用する場合「.heic」→「.jpg」に変換することで、いままでと同様の扱いをすることができます。

また、Windowsに拡張機能を導入することによって、Windowsフォトで「.heic」のままファイルを閲覧することも可能になります。(その他のアプリケーションでそのまま利用できるとは限りませんので注意してください)

変換方法

以下2つの方法があります。

【参考】