数値を目的の桁数で四捨五入する

数値を目的の桁数で四捨五入するには、ROUND関数を使います。

=ROUND(数値,桁数)

数値を指定した桁数で四捨五入した値を表示します。

  

  1. 小数点以下2位で四捨五入します。
    セルB2をクリックし、[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [数学/三角]-[ROUND]をクリックします。
    数値に[A1]を指定します。
    桁数に[2]を指定します。
  2. 結果が表示されました。
  3. 小数点以下切り捨てをする場合は、ROUND関数の桁数を[0]にします。

※ 四捨五入と桁下げの違い
  [小数点表示桁下げ]ボタンを押すと、小数点以下が1桁ずつ四捨五入されます。
  [桁下げ]は表示が変わるだけで、数値自体は変わりません。
  ROUND関数で四捨五入すると、数値自体が変わります。