就活サイト等のWEBテストでJavaが実行できない場合

はじめに 設定方法 

はじめに

日本の就職採用WEBテストで広く採用されているシステムでは
Java Plug-inとJava Scriptが使用可能な状態でないと試験が受けられない場合があります。

一般的なPCではセキュリティ対策の為、そのままではJavaが実行がされないようになっていますので
WEBテストを利用しようとした場合に、セキュリティ警告が表示され実行ができないことがあります。
利用をする場合は、一時的にセキュリティレベルを下げる必要があります。

以下の設定方法をご確認ください。

設定方法

以下、Windows 7 Javaインストール済みの環境を使用した場合で説明します。

  1. 「スタート」-「コントロールパネル」をクリックします。
    javateat1.png

  2. わかりやすいように表示切替します。
    「カテゴリ」-「大きいアイコン」をクリックします。
    javateat2.png

  3. 「Java」をクリックします。
    javateat3.png

  4. 「セキュリティ」-「中」-「OK」をクリックします。
    その後、ブラウザを再起動し、WEBテストにアクセスできるか確認してください。
    javateat4.png

  5. 【Javaのバージョンが違う場合】
    上記画面のようにセキュリティを下げれない場合、「例外サイト・リスト」を追加してください。
    javateat5.png
    例外サイトのURL追加
    1.「セキュリティ」-「サイト・リストの編集」をクリックします。
    2.「例外サイト・リスト」-「追加」をクリックします。
    3.「場所」空白部分をクリックしてURLを入力します。
     (WEBテストのFAQなどの中に指定するURLが記載されている場合が多いのでよく確認してください。)
    4.「OK」をクリックして入力したURLを保存します。
    5.「セキュリティ: 警告」ダイアログで、「続行」をクリックします。

    【補足】コントロールパネルでJavaが見つからない場合、
       再度、Javaをダウンロード、インストールしてみてください。

      Java ダウンロードサイトはこちらから