全角と半角を変換する

ワークシート上で住所録を作成する場合、郵便番号や電話番号、あるいは何丁目何番地といった数字で全角数字と半角数字が混在していると見栄えが悪くなります。「マンション」「アパート」などのカタカナも同様です。
複数のユーザーが分散して入力したデータを結合したり、テキストファイルをワークシートに貼り付けた場合にも、全角半角が混在してしまう場合があります。このような時には、関数を使って一括変換することができます。

  

=ASC(半角にしたい文字列)

すべての全角文字を半角に変換します。
漢字やひらがななど半角にできない文字は無視されます。

=JIS(全角にしたい文字列)

すべての半角文字を全角に変換します。

  1. B列にA列を半角にしたものを表示させます。
    セルB2をクリックし、[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [文字列操作]-[ASC]をクリックします。
    文字列に[A2]セルを選択します。
  2. ひとつ式ができたら、残りはオートフィル機能を利用して表示させます。
  3. C列にB列を全角にしたものを表示させます。
    セルC2をクリックし、[関数貼り付け]ボタンをクリックします。
    [文字列操作]-[JIS]をクリックします。
    文字列に[B2]セルを選択します。
  4. ひとつ式ができたら、残りはオートフィル機能を利用して表示させます。

※一括変換した結果を元のセルに上書きする際に、普通にコピーをすると、関数そのものがコピーされてしまいうまくいきません。関数の結果をコピーするときは、貼り付けるときに[形式を選択して貼り付け]を選択し、ダイアログボックスから[値]をチェックして[OK]ボタンをクリックします。これで元データには、全角半角を一括変換した結果がコピーされます。