「Skype for Web」の利用方法

  1.はじめに 2.Edgeで「Skype」を使う  3.Skypeユーザーにメッセージを送る 4.Skypeユーザーと通話する 5.会話が聞こえない場合 6.サインアウト

1.はじめに

Skype for Webとは?

Edge(Windows 10に付属しているブラウザー)からSkype for Webを利用する場合、プラグイン(ブラウザー拡張機能)をインストールしないで簡単に、個人またはグループ間で音声やビデオチャットなどのコミュニケーションをとることができます。

※注意。「Skype for Business」について。
「Office 365」や「Office 2016」に入っている「Skype for Business」は、組織として利用するソフトです。 そのためのアカウントが無いと利用できません。(本学のアカウントでは利用できません)

2.Edgeで「Skype」を使う

Skypeにサインイン

1.Edgeを起動し、Skype for Web以下の画面が表示されます。
 Skypeのアカウントをすでに取得していたり、MicrosoftアカウントやFacebookのアカウントを利用する場合は、Skype名等を入力し[サインイン]をクリック。
 

skype_web_01.png

 ※アカウントが必要な場合は[新規アカウント作成]をクリックしアカウントを取得してください。
  例えば、以下手順により、大学のメールアドレス(~@tku.ac.jp)をアカウントにすることも可能です。

  skype_web_19.png

2.アカウント名を確認し、[サインイン]をクリック。

skype_web_02-1.png

3.パスワードの入力し、[サインイン]をクリック。

skype_web_02.png

2.スカイプが開きます。

skype_web_03.png

連絡先リストに追加する

1.コンタクトを取りたい相手のSkype名または名前やメールアドレスを入力し、検索できます。

skype_web_04.png

※名前等で検索すると、いくつかの候補があがる場合があります。
 対象を探します。

  skype_web_05.png

2.[連絡先に追加します]をクリックし、相手に対して連絡先を登録したい旨メッセージを送ります。

skype_web_06.png

 相手に連絡先として追加していいかどうかのメッセージが送られます。

  skype_web_07.png

  ※リクエストを受けた側は以下のようなメッセージが表示されます※

  skype_web_08.png

3.リクエストが許可されると、「連絡先になりました」と表示されます。

skype_web_09.png

3.Skypeユーザーにメッセージを送る

メッセージを送るには

1.ユーザーを選択後、メッセージを入力しskype_web_18.png送信をクリック。

skype_web_15.png

4.Skypeユーザーと通話する

<b>※通話するにはマイク、またはマイク付きヘッドフォンが必要です。

こちらから電話をかけるには・・・

1.ユーザーを選択後、skype_web_13.pngマークをクリック。

skype_web_10.png

2.呼び出し中になり、相手が電話を取ると通話できます。

skype_web_11.png

3.通話終了skype_web_14.pngマークをクリック。

skype_web_14-1.png

相手からの電話を受けるには・・・

1.画面上に以下のダイアログが表れます。

skype_web_12.png

2.応答する場合はskype_web_13.pngマークをクリック。拒否する場合はskype_web_14.pngマークをクリック。

5.会話が聞こえない場合

会話が聞こえない場合は、まず以下を確認してください。
  ・ヘッドセットまたはスピーカーやマイクがきちんと接続されているかどうか。
  ・コンピューターやデバイスの音量がミュートになっていないか。

スカイプのテスト通話で確認

1.連絡先リストにある[Echo/Sound Test Service]に接続します。
   ([Echo/Sound Test Service]の表示がない場合は、「echo123」と検索してください)

skype_web_16.png

2.音声案内に従って、マイクを使いテストします。

6.サインアウト

終了時にはサインアウトします。

1.サインアウトするアカウント名を選択後、サインアウトをクリック。

skype_web_17.png