Windows2000、XP(SP2)のサポートが終了します

セキュリティ
掲載日付:2010年7月13日

概要・対策

2010年7月13日に、Windows 2000 や Windows XP Service Pack 2(SP2)のマイクロソフト社によるサポートが終了します。

サポート終了により、対象となる製品へのセキュリティ更新プログラムの提供が終了します。
例えば、ウィンドウズアップデートが行われなくなるため、新たに脆弱(ぜいじゃく)性が発見されてもパッチ(修正用プログラム)は配布されません。つまり問題点が修正されないため、ウイルスなどに感染する可能性が高くなります。

各自のPCにて対策のほどお願いいたします。

Windows XP(SP2)の場合、SP3に上げることでサポート期間が2014年4月まで延びます。
Windows 2000の場合、OSそのもののサポートが終了するため、別の新しいWindows OSに移行する必要があります。

参考URL