悪意のあるWEBサイトへのアクセスの遮断のお知らせ

[2015.09.06]

掲載:2015.09.06
更新:2021.09.06

2021.08.29追記。
当サービス(悪意のあるWEBサイトへのアクセスの遮断)は、これまで「プロキシサーバ(Blue Coat)」にて行ってきましたが、2021年9月以降は「FirewallのWEBフィルタリング機能」と「ウィルス対策ソフト(※)のWEBフィルタリング機能」にて行います。
※PC教室や図書館等のPCに常駐。

はじめに

昨今、危険なWebサイトへのアクセスによるウイルス感染、情報漏えいの脅威が拡大しています。

その防止策として、2015年9月6日より学内から学外WEBサイトへのアクセスにおいて「悪意のあるサイト(セキュリティ上危険なWEBサイト)」を遮断する運用を始めました。

以下ご参照の上、安全なインターネットアクセスの運用にご協力のほどよろしくお願いいたします。

サービス概要
○プロキシサーバ「Blue Coat ProxySG」の「Blue Coat WebFilter」機能を利用。

○BlueCoat社により提供されるデータベースを参照します。データベースの特徴は以下の通り。
 ・豊富なURLデータベース量
  1千5百万以上のページを登録。日本語、英語、中国語、アラビア語等50以上の言語に対応。
 ・クラウド技術を利用したリアルタイム更新
 ・ 悪意ある(セキュリティ上危険な)Webページへのアクセス禁止
 ・ ウイルスに汚染されたWebページ閲覧による2次感染の防止
 ・ 悪意あるコードが埋め込まれたWebページの閲覧を禁止することによる
  マルウェア・ウイルス感染の防止
 ・参考。「Blue Coat WebFilter

遮断されるWEBサイトについて
遮断されるWEBサイトの種類については、下表をご参照ください。

種類(下図画面の赤線部
内容
説明
Phishing フィッシング詐欺 不正に機密データ(クレジットカード番号、暗証番号など)を取得する目的で正規の銀行や小売店に装ったサイト。
Spam スパム 未承諾のバルク電子メッセージにリンクが含まれるサイトや、そのようなメッセージを生成または配信するために使用されるサイト
Malicious Outbound Data
/Botnets
悪意のある外部通信
/ボットネット
ボットネットや他のマルウェア(「悪意のある発信元」での定義を参照)がデータを送信したり、コマンドや制御命令を受信するサイト。
Malicious Sources
/Malnets
悪意のある発信元
/マルネット
マルウェアをホストまたは配信したり、悪意のあるネットワーク(マルネット)やマルウェア エコシステムの一部として存在しているサイト。
※マルウェアとはコンピュータの制御を奪って、コンピュータの設定を変更したり、エンドユーザーの許可無く個人情報を収集したり報告するソフトウェアを指します。
アクセスが遮断されると、以下のページが表示されます。
syadan.png
※上記ページが表示されてしまい、教育・研究活動、事務業務で支障を来たす場合は、情報システム課までご連絡ください。