東京経済大学

MENU

無線LANアクセスポイントを設置する際の注意事項

教員研究個室等で "情報システム課管轄外" の無線LANのアクセスポイントを設置する場合、またそのアクセスポイントをTKU-NET(教育、研究用学内ネットワーク)に接続して利用する場合、以下事項を遵守した上でご利用ください。

    教員の方へ

    無線LANは有線LANに比べ、その設置(設定)方法を誤ると、第三者に「盗聴(通信の解読)」されたり「踏台()」にされる恐れがあります。

    )無線LANの踏台による危険性
     ・第三者にて学内LANへ侵入したり、各コンピュータの情報を不正に搾取されます。
     ・学外に対して悪意のある行為(著作権を侵害するファイル共有ソフトの利用、他のサーバーに対する攻撃等)
      が行われます。

    また、物理的な配線を誤ると(以下1.参照)、無線LANルータの「DHCP機能」により、他の研究室において接続不可となってしまう場合があります。ご注意ください。
    (接続ミスにより、当該フロアの研究室全てが接続不可になる不具合が毎年1,2件発生しています)

1.無線LANルータの設置について

無線LANルータを壁情報コンセントに接続する際は、以下の接続構成で設置をお願いいたします。

「情報コンセント」 ~ 「無線ルータ("WAN"ポート)」 ~ 「無線ルータ(LANポート)」 ~ 「コンピュータ」

※上記の「WANポート」「LANポート」の接続を誤ると、他の研究室にて通信断が起きる場合があります。

2.無線LANルータの設定について(必須)

・無線LANルータの管理者パスワードを変更すること。※初期値のままにしないこと。
・通信の暗号化のための設定 (WPA,WPA2 等)を行うこと。※WEP方式は暗号化強度が弱いため推奨しません。
・近隣(住民、研究個室等)の無線LANと干渉しないように設定すること。

3.無線LANルータの設定について(推奨)

・ESSID ( SSID ) を各自設定すること。※初期状態では使わないこと。
 (SSID=MACアドレスとなっている場合があります)
・MACアドレス(接続端末)によるアクセス制限を用いること。
・「使用チャネル」は、TKU-NETの無線LANで使用のチャンネルと競合しないようにする。
・「電波出力制限」の機能を用いて、出力を必要最小限度に抑える。※必要以上に出力を上げない。
・「SSIDステルス機能」(SSIDを発信しない機能)を使用する。
・「Any接続拒否機能」を使用する。

4.その他

以下のような事態が起きた場合は、速やかに情報システム課へ連絡しその指示を仰ぐこと。

・TKU-NETの無線LANとチャンネル等の干渉が生じた場合。
・TKU-NETに負荷をかけるような事態が見受けられる場合。
・第三者に悪用されている可能性がある場合。

また、情報システム課でTKU-NETの円滑な運用に支障を来すと判断した際(または学外に対して問題があると判断した際)は、情報システム課にて何らかの処置を施す場合があります。

※教員本人が研究室に不在の場合は、本人に同意なく原因となる研究室の物理配線を遮断することもあり得ます。

情報システム課