VPN接続サービス

  • 2020年 6月 同時接続数を100→150に拡張しました。
  • 2020年10月 不具合対策として、一部クラウドサービス(※)をVPN接続時も直接アクセスされるようにしました。
           ※各Googleサービス、Office365、zoom、等。
  • 2020年11月 VPN接続の時間(自動ログアウトされるまでの時間)を2→3時間に拡張。
  • 2021年02月 VPN接続の時間(自動ログアウトされるまでの時間)を3→4時間に拡張。※利用者増時は戻す場合あり。
  • 2021年06月 ソフトによるVPN接続の方法を公開しました。(以下「3.一歩進んだ利用方法」)

1.はじめに 2.基本的な利用方法 3.一歩進んだ利用方法(専用ソフトを利用) 4.参考

1.はじめに

VPN接続サービスとは

「VPN(Virtual Private Network)接続サービス」とは、学外からインターネット経由で学内ネットワークへの安全なアクセスを可能にするサービスです。
VPN接続サービスの利用により、学外から「学内からのみ利用可能なサービス」へのアクセスが可能になります。

vpn-0001.png

利用対象者
本学教職員、学生(本学ユーザIDの取得者)
利用できるサービス例
  • 図書館契約のデータベースへのアクセス。※VPNでの利用が認められているデータベースに限ります。
  • 統計解析ソフト「SPSS」の利用。
  • 学内限定サービスの利用。(教職員用グループウェア等)
お願い
  • 「WindowsUPDATEの実行」「ウィルス対策ソフトの導入」等、セキュリティ対策を行ったPCにてご利用ください。
  • 同時利用者数に制限があるので、長時間の接続はご遠慮ください。
    ※連続利用時間が4時間に達した場合、自動的にVPN接続が切断されます。


※本学のVPNは「SSL-VPN」による接続サービスです。(詳細は4.参考を参照)
利用可能なプロトコルは、HTTP/HTTPS です。(FTP,TELNET,SSH等の利用はできません)


2.基本的な利用方法(ブラウザを利用)

ブラウザ(Edge、GoogleChrome、Safari等)を利用したVPN接続です。(Internet Explorerは非推奨)
すぐに利用できます。


  1. 情報システム課TOPページ」上の[VPN接続]をクリック。
  2. 以下ログイ画面にて本学「ユーザID」「パスワード」を入力しログイン。 vpn-login.png
  3. 例えば図書館の学内限定データベースへアクセスする場合は、ログイン後画面の「図書館ホームページ」をクリックしアクセスします。
  4.  ブックマーク機能を使おう。
    よく利用するページがある場合、リンクを追加すると便利です。(自分専用のリンクになります)

    ○追加方法 : ログイン後TOPページの「」ボタンをクリック(下図参照)。画面に従い追加。

  5. VPN接続時は、ブラウザの右上か左上にボタンが表示されています(下図参照)。
    利用終了の際は、このボタンのドアマークをクリックしてください。VPN接続が終了します。 vpn-login2.png

3.一歩進んだ利用方法(専用ソフトを利用)

VPN専用のソフト」を利用したVPN接続です。以下のメリットデメリットを知った上でご利用ください。



導入、利用マニュアル(Win、Mac)

メリット
  • 図書館契約のデータベース利用のメリット

    ブラウザでのVPN接続(上記「2.基本的な利用方法」での利用)の場合、画面が崩れたり操作上の不具合が起きるデータベースがあります。
    VPN専用のソフトを利用の場合はこのようなことがほぼ起きません。
  • 統計解析ソフト「SPSS」利用のメリット

    PC教室等に導入されている統計解析ソフト「SPSS」を、自身のPCに導入し学外(自宅)からも利用可能になります。
    (VPN専用ソフトにより、学内設置のライセンスサーバへアクセス可能となるため)
    「SPSS」の利用(専任教職員、正規学生向け)
デメリット
  • ソフトを導入する手間

    ブラウザでのVPN接続の場合、特に導入作業はありません。
    VPNソフトは自身で自身の端末に導入し設定する必要があります。
  • ソフトの対応時期

    WindowsやMac OSのバージョンアップに対し、VPNソフトが対応されない場合があります。
    この場合、VPNソフトのバージョンアップ版が出るのを待つ必要があります。

4.参考

  • SSL-VPN」(SSL:Secure Socket Layer)
    ブラウザの「SSL機能」で暗号化を行う技術であり、SSL対応のWWWブラウザがあれば利用できます。
    VPN接続になっているのはWebブラウザ内だけで、他の通信には影響しません。
    ※参考ページ 「SSL-VPNの説明」(@ITより)