プリンタの利用方法

環境保護の為にも、無駄な印刷を行わないよう心がけてください。

1.はじめに 2.印刷方法(枚数制限) 3.印刷枚数超過時 4.注意事項

1.はじめに


学内各所に、学生、教職員が利用可能なプリンタが設置されています(下表参照)。
これらのプリンタは「プリント管理システム」配下となっています。

なお、以下★印は「WEBアップロード印刷サービス」プリンタ。持ち込みノートPCから直接印刷できます。「利用方法」。

教室(エリア) モノクロプリンタ カラープリンタ
PC教室「PC自習室1」 3台
(うち1台が「WEB印刷」プリンタ)
2台
PC教室「PC自習室2」 2台 2台
PC教室
「E401~406教室、F501~505教室」
各2台 E406,F501教室にのみ各1台
PC教室 「E301~304、E308教室」 各1台 -
PCL演習室 「E307、E407~E409教室」 各1台 -
6号館5階エレベーター前 1台 -
PCコーナー
(葵陵会館1,2階、学生厚生会館1階、
 1号館2階ラウンジ)
各箇所1台(計4台) -
図書館 1階:2台
3階:1台
3階:1台
印刷枚数管理外。(課金制プリンタ)
キャリアセンター 1台 1台。
印刷枚数管理外。(主に名刺印刷用途)
大学院研究室1~4 各研究室2台(計8台) -
教員室
※非常勤教員用
1台 -

主な特徴

  • 印刷できる枚数に"上限値"が設定されています。※後述「2.印刷方法」参照。
  • 自分が印刷した枚数(モノクロ、カラーそれぞれ)をブラウザ上で確認できます。
  • 印刷した文書の右上に「ユーザID」が印刷されます。

2.印刷方法(枚数制限)

印刷方法
印刷枚数制限

モノクロプリンタ:年間1000枚まで」「カラープリンタ:年間200枚まで」です。(学生、教職員全ユーザ対象)
年間とは「4月1日~翌3月31日」を表します。

修士課程学生の場合「モノクロプリンタ年間1500枚」、博士課程学生の場合「モノクロプリンタ年間2000枚」です。

印刷枚数確認方法

情報システム課TOPより「印刷枚数 確認」アイコンをクリック。※定期的に確認しましょう。

印刷のカウント
枚数単位でカウントされます。効率のよい印刷を心がけてください。
 ○片面印刷 : 1枚あたり、カウントは" 1 "です。
 ○両面印刷 : 1枚あたり、カウントは" 1 "です。
 ○集約印刷 : 1枚あたり、カウントは" 1 "です。 ※「集約印刷」:複数ページを1枚に割り当てる印刷方法。

3.印刷枚数超過時

申請手順

追加申請をしないと印刷を行うことができません。以下の手順で申請を行ってください

  1. 6号館1階の証明書発行機にて、申込書(※1)を印刷。
  2. 6号館5階情報システム課にて申込書と学生証持参の上、印刷追加申請を行う。

    ※1
  • モノクロ印刷追加の場合 : 100枚/800円
  • モノクロ印刷追加の場合 : 50枚/400円
  • カラー印刷追加の場合 : 20枚/800円

補足
  • 3月31日までの印刷枚数に係わることなく、4月1日より新たな上限枚数からのスタートになります。
  • 「制限枚数を超えなかった」「追加申請分を使い切らなかった」場合でも、残枚数を次年度へ繰り越すことはできません。
  • 専任教員の方へ
    「ゼミ特別指導費」を利用しての追加申請も可能です。情報システム課窓口にて申請をお願いいたします。
    ※年度の締切は2月末(平日)となります。ご注意ください。

4.注意事項

うまく印刷できない場合

以下の理由が考えられます。情報システム課まで連絡してください。
※何度も印刷ボタンをクリックしないでください。復旧後、その分印刷(カウント)されてしまいます。

  • 規定の印刷枚数に達してしまった
  • 前の人のデータを処理中のため、自分の順番が回ってこない
  • データ量が多いため、処理に時間がかかっている
  • 用紙やトナーがない
  • 紙詰まりを起こしている
禁止事項

以下の事項を禁止します。

  • 備え付けの用紙以外の利用。←紙詰まり等故障の原因になります。
  • 「チラシ等の印刷(教育研究目的以外での利用)」、「同一資料の大量コピー(プリンタの長時間占有)」