東京経済大学

MENU

教職課程担当メッセージ

主任メッセージ

教職課程担当教員

教職課程担当教員 主任
横畑 知己(経済学部 准教授)

教職をめざす学生へ

本学の教職課程では、全学部全学科で教員免許状の取得が可能です。学科によって取得できる免許状は違いますが、教職課程に学ぶ学生は、学部や学科の壁をこえて教職に関する専門知識を高め磨くために学びあっています。他学部の学生と触れあうことで学びや興味の幅を広げることができるのも教職ならではの魅力です。

教職をめざす学生の目的は様々です。教職に就きたい、教職の知識を社会に出てから活かしたい、大学生活での目標にしたい、など必ずしも目標はひとつではありません。しかし、教育実習という共通の目標を通過することで学生は一回りもふたまわりも成長することになると思います。教職に就く学生も、企業に進んだ学生もこの経験を糧に豊かな人生を送ってくれることを願っています。

担当教員メッセージ

高井良 健一先生

教職課程担当教員
高井良 健一(経営学部 教授)

学び続ける教師をめざして

本学の教職課程で学んでいる学生たちの多くは、誠実かつ真摯に学んでいます。子どもたちの人生に大きな影響を与える教師は、まず何よりも自分自身が学び続けて、成長を希求することが大切です。教師は、教科内容の専門性とともに、教育やケアの専門性が求められる、知的にも、人間的にも細やかさが求められる高度な仕事です。そして、高度な仕事をできるようになるためには、誰もが努力しなくてはなりません。
皆さんは、少し前まで高校生だったと思います。(あるいは皆さんは大学選びをしている高校生かもしれません)。その皆さんが大学に入学してわずか3年あまりで、教育実習生として教壇に立つわけです。この間、大きなジャンプが必要になることはおわかりでしょう。それだから、教職課程で学んでいる学生たちの多くは、本気で自分自身の知識を深め、教育的な見識を高めようと日々研鑽に努めているのです。そんな東京経済大学の教職課程の学生たちとともに、謙虚に学び続ける学生を求めています。

高井良ゼミ日記
高井良のウェブサイト

pic1_terada.jpg

教職課程担当教員
寺田 佳孝(経済学部 専任講師)

社会性を鍛え、専門性を磨こう

教職課程の授業では、教育の目的、人間の発達と心理、学習の仕組みとそれに見合った教育方法、そして現代の学校・教育の課題等、幅広いテーマが扱われます。これらの内容について、教職課程を履修している学生たちは、グループでの調査や発表を通じて協同で学んでいます。
それは学校・教育について学ぶ一方で、「論争的なテーマについて考え、自分の意見を構想する」「他人の意見を聴き、自らの考えを批判的に振り返る」等、社会性を鍛えることでもあります。これらの知識と社会性は、教員になるかどうかを別にして、将来、市民社会で生きていくうえで欠かせない資質です。
もっとも教職課程の学びと並行して、みなさんは所属の学部で政治学、国際政治学、経済学、経営学、法学、言語学、社会思想等について専門的に学ぶことになります。このことは一方で、学習の負担が増えることを意味します。
しかし他方で、自らの専門領域を決めて深く学ぶことは、将来教員となったときの「強み」となります。そうした専門性が、生徒を引き付ける教員の「個性」を生み出すのだと思います。
教職課程の言葉としては不思議な気もしますが、身の回りのことに広く興味・関心を持ち、どんなことでもいいので好きなことを見つけ、徹底的に取り組んでみてください。 そのことが結果的に、生徒を惹き付ける自らの魅力になるはずです。

教職科目担当教員メッセージ

教育行政学
担当 古川 和人

教員が教壇に立つ前に、どれだけの条件整備が成されているかについて、問題意識を持ってください。そして、教育基本法第9条第1項でも謳われているように、「学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず研究と修養に励み、その職責の遂行に努めなければならない。」ということを肝に銘じて、教員を目指してください。

教育社会学
担当 鈴木 佐喜子

児童虐待、待機児童問題、いじめ、教員の多忙化など、さまざまなことが社会問題になっています。子ども、学校、家族や子育てに関わる問題を取り上げた新聞記事を読むなど、関心を持って下さい。そして、子どもや教育に対する自分の見方を広げ深めていってください。

青年論
担当 三浦 芳恵

若者を理解するためには、社会面と心理面の両面からとらえることが必要です。
社会全体で起こっている問題が若者の進路選択や将来の見通しにどのような影響を与えているのか、現代の若者であるみなさんといっしょに考えていきたいと思っています。学生たちの鋭い意見によって、教員も成長させてもらっています。

社会科指導法
担当 谷川 尚哉

社会科系の教員免許状を取得しようとする者は、常に世の中の動きに敏感であれ。毎日、新聞を読もう。新聞を読むことが"常識"を身につける一番の近道だ。

地理学概論・地誌学
担当 柴田 健

地理教育、社会科教育は「現代を学ぶ」ことがポイントであり、毎日日刊新聞を購読することが必要です。

情報科指導法
担当 川畑 由彦

情報科の授業は、情報技術やプログラミングなどの知識や技能だけではなく、情報社会で生きる知恵や将来の仕事に必要な力を身に付ける側面もあります。情報社会で子供達が幸せな未来を築けるように一緒に考えていきましょう。

教育相談
担当 田中 乙菜

教員免許を取るためだけの勉強ではなく、現代の教育や学校、その中で生きている児童生徒等について、多角的に学び、そして考える場にしたいと考えています。みなさんの教職課程を通じての学びと経験をサポートしたいと思います。

地理学概論・自然地理学
担当 髙橋 洋子

地理学で空間スケールを伴った思考力を身につけてください。また、教職につきまして、「育てる」仕事は、本当にやりがいを感じられると思っています。

社会科・公民科指導法・教育実習 担当 館 潤二

  教員になろうがなるまいが、人としての魅力は、ある「仕事」にどのように取り組んできたかに左右される。学生にとっての「仕事」は学ぶことである。そして、「公民科」は今の社会のできごとを学習対象とする。今をどう理解し、今をどう生きるかかも問われる教科であることを意識しながら学んで欲しい。

生徒指導論
担当 大滝 修

教師になり、「子どもという未来」と毎日接する幸せを感じてほしいと願います。子どもたちは待っています。

 学ぶ楽しさ、発見する喜びのある授業をしてくれる先生。
 いつも声をかけて、悩みや、悲しみに耳を傾けてくれる先生。
 どの子も居場所と出番、声をかけ合えるクラスをつくる先生。
 わたしの中の宝物(可能性)を引き出してくれる先生。

「生徒指導論」では、大学生時代に出会ってほしい本(『兎の目』灰谷健次郎、『銃口』三浦綾子等)、映画(ロビンウイリアムス主演『今を生きる』、『学校Ⅰ~Ⅳ(山田洋次監督)』等)、体験(旅、ボランティア、児童の学習サポート、留学、実習等)を紹介します。将来の子どもたちとの出会う時のために、これら「心の糧」をできる限り摂ってください。

商業科指導法・教育実習
担当 本多 吉則

商業の免許状を得るためには、多くの分野を学ばなければなりません。しかし、商業教育は社会にとって不可欠です。多くの困難を打ち破り、子どもたちに夢と希望を与えていきましょう。

特別活動論・教育実習
担当 綿貫 公平

中学校現場を離れ、「不登校」や「ひきこもっていた」若者たちと関わって6年が経過しました。学校教育の制度や内容がもたらす、子ども・若者への影響の大きさを感じる毎日です。自分の経験をもとに、誰もが学校教育を語ることができ、話題にしています。教職を目指す、人生の選択肢にそれを入れているのであれば、あなた自身が「生徒として」感じたこと、考えたことを思い起こしてください。くり返し、ともに考え合う時間を共有したいと思います。「特別活動」は、あなたの、あなたらしさを出せる分野です。

学部・学科