東京経済大学

MENU

卒業生メッセージ

在校生が卒業生にインタビューしました

生徒との1日1日が、自分の宝物。

高山 友佑さん

高山 友佑さん
2012年3月コミュニケーション学部コミュニケーション学科卒業
長野県豊科高校出身
現在の勤務先:長野県白馬高等学校
「英語科」常勤講師
2017年4月より専任教諭として長野県内の公立高等学校に赴任予定

Q1.教師になろうと思ったきっかけはなんですか?

高校時代は、英語がすごく苦手でした。それでも、休み時間に質問したり、時には電話で聞いたり(笑)、先生に根気強く教えていただいたことで、少しずつ英語が好きになりました。そのような先生になりたいと思って、教職課程を履修しました。

Q2.学生時代は、どんなことに取り組みましたか?

とにかく英語の勉強をしました!!

Q3.教師を目指すために必要なこと、大事なことはなんですか?

情熱!!やっぱり情熱がないと、この仕事にやりがいは感じられないと思います。あとは体力!朝早く、夜も遅いので体育会系です。そして根性、仲間。やはり一緒に乗り切る仲間がいた方が心強いです。

Q4.教師になってよかったこと、失敗したことを聞かせてください。

一番嬉しかったのは、生徒全員が定期テストで英語の自己ベストを出した時でした。このほか、卒業式で、副担任だったにもかかわらず、花束を生徒からもらった時は、思わず泣いてしまいました(笑)。

Q5.これからの夢は?

今後の目標は、担任を持つことです。本当に、家族のような暖かいクラスを作りたい。そして、授業をもっと磨いていくこと。授業がいい先生に生徒はついていくので、もっともっと授業の質を伸ばしていきたい。

  • インタビューを終えて
    今回のインタビューを通して、高山さんの「英語にポジティブなイメージを持って欲しい!」という強い想いが伝わってきました。その英語に対する熱い想いがあったからこそ、今回、高倍率の壁を乗り越えて「教師」として合格されたのだと思います。今回、インタビューを行なったことで、実際に教職に就いて働いている方のお話を聞く、とても貴重な機会をいただくことができました。また、同じ「英語」の教員を目指すものとして激励の言葉もいただき、自分の励みになりました。
    最後に、「生徒といると日々何かが違って、毎日宝物が増えていくみたいな感じなんです。」と話された時の、高山さんの笑顔はとても素敵でした。
  • インタビュアー
    コミュニケーション学部コミュニケーション学科4年 山田 美緒
    中学校教諭一種免許状・高校学校教諭一種免許状(英語)取得見込 
    1年間オーストラリアに留学

学部・学科