東京経済大学

MENU

グローバルキャリアプログラム

【全学部生 対象プログラム】(全学部生対象プログラム)

定員 1学年 オーストラリアコース20名、中国コース10名
選考時期 1次募集 全学部入学予定者
2次募集 1年次6 ~7月(中国コース)
1年次11月(オーストラリアコース)
選考方法 書類審査、面接
受講者数 オーストラリアコース16名
中国コース4名
(2017年度渡航予定者)
Point1

インターンシップを含む5カ月間の海外研修

  • オーストラリア研修(全学部生対象)
  • 中国研修(全学部生対象)

国際交流と異文化コミュニケーション力を養うためのプログラムです。
海外研修はオーストラリア研修と中国研修の2つがあり、研修期間はどちらも約5カ月です。研修先では語学・専門研修を行い、最後の2週間は現地の企業などでインターンシップを実施します。

Point2

休学不要で、研修費も大学が負担

研修先機関の入学料、授業料、保険料はすべて大学が負担します。また正規の授業プログラムのため、休学する必要がなく、4年間での卒業が可能です。
「留学したい」という夢を経済面・学修面で支援します。

Point3

研修効果をアップさせる留学前後の授業

留学前には徹底した語学授業や研修目的をしっかり意識する授業が用意されています。帰国後にも留学で身につけた語学力をさらに磨きながら、自身の関心のあるテーマについてプレゼンテーションを行います。実際の留学はもちろん、留学前後の学習も親身になってサポートし、語学力+専門知識を学べる環境が整っています。

ad_gp_prg_2017.jpg

吉野 歩さん

経済学部2年
東京都立松が谷高校出身
吉野 歩(よしの あゆみ)さん

海外研修の経験を生かして、絶対に夢を実現したい!

グローバルキャリアプログラムを受講した理由は?
キャビンアテンダントになるのが高校時代からの夢で、大学では英語力を絶対に養いたいと考えていました。東経大であればグローバルキャリアプログラムで英語力を高めることができ、国際経済も学ぶことができると薦められたのが、受講理由です。

プログラムを受講して変わったことは?
オーストラリアでの研修は5カ月間ありましたが、「もっと学びたかった」というのが感想です。時間は有限と気づき、帰ってからは時間をムダにしないことを心がけています。また、相手があっての英会話であるので、コミュニケーション能力も重要だと認識し、その点も磨きたいと考えるようになりました。キャビンアテンダント志望はますます強くなっています。

ad_gp_kiseki_2017.jpg

学部・学科