東京経済大学

MENU

金融キャリアプログラム

定員 1学年60名(2クラス)
選考時期 2年次の3月
選考方法 エントリーシート、面接
受講者数 60名(2017年度実績)
Point1

金融キャリアプログラム生のためのトレーニングコース

金融キャリア形成に向けて、資格取得、業界研究、企業見学、面接練習等を通して、柔軟な視野の拡大をめざします。 金融業界で働くために必要となる経済学、金融論、不動産論、 会計学、法律など学部の専門科目ともつなげて学習していきます。金融に関する幅広い専門知識を学び、社会的コミュニケーション能力を習得しつつ、複数のキャリアカウンセラーの協力により、個人指導を受けることができます。

Point2

学内で受講料無料のAFP講座を開講

※AFP:アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー
プログラム履修者は、学内で開講される専門学校提携のAFP講座を無料で受講できます(教材費は受講者負担)。


Point3

卒業生組織がサポート

金融業界で働く卒業生の組織、「葵金融会」が業界研究やOB・OG訪問など、就職に関する相談に対応し、受講生をサポートします。

金融キャリアプログラム生がめざす資格
  • 2 級・3 級 FP (AFP+2級・3級ファイナンシャル・プランニング技能士)
    金融・保険業界などで顧客が望む生活設計(ライフプラン)を実現させるために、コンサルティングを行うライフプランの総合アドバイザーです。金融商品や保険、不動産、税金、年金などに関する幅広い知識を駆使し、顧客に最善のプランを提案します。AFP資格審査試験の学科と実技の両方に合格すると、国家資格の「2級ファイナンシャル・プランニング技能士」の資格が与えられます。

    [AFP講座で学ぶ科目]
    金融資産運用設計 不動産運用設計 ライフプランニング・リタイヤメントプランニング リスクと保険 タックスプランニング 相続・事業承継設計


  • 将来像
    金融ディーラー(銀行)
    ファンドマネージャー(証券会社、投資会社)
    証券アナリスト(証券会社)
    ファイナンシャル・プランナー(保険会社)など
金融キャリア講座(授業計画)
1   ガイダンス   18   エントリーシートの書き方
2  就活の概要1   19   ビジネスマナー
3  インターンシップについて   20   内定者による就活体験談
4~5  金融業界の概要   21   面接対策概要
6~9   各業界の概況(損保、銀行、証券、生保)   22   グループ面接対策1
10  仕事の意義   23   個人面接対策1
11  仕事の適性   24~25   グループディスカッション対策1・2
12  筆記試験対策   26   グループ面接対策2
13  自己分析   27   個人面接対策2
14~15   業界研究1・2   28   グループディスカッション対策3
16  就活の概要2   29   日経テレコンを使った業界・企業研究
17  求人票の見方   30   全体の振り返り:実際の就職活動に向けて

森田 妃唯名さん

森田 妃唯名(もりた ひいな)さん
経済学部 経済学科3年
埼玉県立上尾高等学校 出身

金融業界の詳しい研究と現役で働く方の話を、進路選択に生かす

金融キャリアプログラムを通じて、業種別に金融業界を深く掘り下げて調べ、詳しく業界研究ができました。さらに葵金融会では金融業界に30年以上お勤めの先輩から、教科書でしか知らなかった経済危機や、そのときの現場の状況などを伺い、金融は信用に基づく仕事であることを理解しました。漠然と興味を抱いていた金融の仕事に具体性がともない、卒業後の進路選択に役立っています。

■ 学びのSTEP
高校2年11月日商簿記3級に合格
1年次4月CSC日商簿記2級講座を受講
3年次4月金融キャリアプログラムに所属
3年次4月CSC2級FP講座を受講
3年次10月2級FPに合格



学部・学科