東京経済大学

MENU

体験談

積極的に話しかけることが何よりも大切と学びました

中津川 実希さん

コミュニケーション学部コミュニケーション学科2年
中津川 実希(なかつがわ みき)さん
東京・私立大成高校出身

留学期間:2016年7月31日~8月19日
参加した留学プログラム:短期語学研修 イギリス チチェスター・カレッジ

2年生になって学部のグローバルコースに進み、所属するピーター・ロス先生のゼミをはじめ、英語での授業が増えました。授業が進む中で、英語力を向上させて、もっと多くの授業を受けたい、そして将来は英語を使う仕事に就きたいと本気で考えるようになり、その第一歩として考えたのが短期語学研修への参加でした。
イギリス・チチェスターでの研修は、午前中に英語の授業を受け、午後はロンドンやポーツマスなど各地に出かけて、イギリスの文化や歴史を体験するというバラエティに富んだもので、さまざまな角度から英語を学ぶことができました。しかし、何よりも学んだのは、自分から積極的に話しかけなければ、英語力は身につかないということです。帰国してから友人に「上手になったね」と言われ、英語力が上がったことを実感しました。次は1年間の長期留学に挑戦しようと考えています。

img_2017_kokusai_1.jpg

文化や宗教観、価値観の違いなど多くのことに気づかされた留学生活

田﨑 奈々さん

コミュニケーション学部コミュニケーション学科3年
田﨑 奈々(たさき なな)さん
神奈川・私立自修館中等教育学校出身

留学期間:2016年2月20日~2016年12月20日
留学プログラム:協定校長期留学 西シドニー大学

ゼミで研究したフェイスブックやインスタグラムなどのSNSを使ったマーケティングや広告手法について、英語でも学びたいと思い、広告・マーケティングをはじめ、異文化理解などの講義を選択しました。受講して驚いたのは、授業がディスカッション中心だったことです。英語力だけでなく、自らの考えをきちんと伝える力が必要と気づかされ、それからは、何ごとにおいても自分の意見を持つことを心がけるようになりました。
大学にはインドや中東出身の学生が多く、普段は接することが少ない宗教に触れることも多くありました。そうした文化や生活スタイル、それに宗教観も異なる学生たちとの交流を通じて、世界の動きや価値観の違いといったものを知ることができました。これこそ長期留学だから実現できたことであり、長期留学の大きな魅力です。この留学経験を大切にし、将来の仕事にも生かしたいと考えています。

img_2017_kokusai_2.jpg

キャンパスライフ