東京経済大学

MENU

私たちの就活サクセスストーリー

suc_kiku.jpg

[内定先]りそなグループ

経済学部経済学科4年
埼玉県立大宮南高校出身
菊地 涼太 (きくち りょうた)さん

キャリアセンターで受けた
面接セミナーが就職活動の大きな力に

金融機関は高校時代から志望していた業界で、東京経済大学に進学したのも「金融業界に強く、銀行などに就職する学生が多い」と高校の先生が勧めてくれたからでした。就職活動にあたって心強かったのは、情報が豊富にあり、何でも相談できるキャリアセンターの存在です。中でも面接セミナーで行う個人面接の練習は、他の参加者が見ている前で実施するので、間違いなく度胸がつき、他人の面接を参考にできるので非常に役立ちます。
実際の面接ではゼミについてよく聞かれます。それも何を学んだのかということよりも、どのように学んだのかを問われることが多いので、ゼミでの活動を自分なりに整理することが必要でしょう。これからは、さまざまな企業の役に立つ銀行員として成長したいと思います。

星野 友希さん

[内定先]大成建設株式会社

経営学部
流通マーケティング学科4年
埼玉県立川越南高校出身
星野 友希 (ほしの ともき)さん

親身に応援してくれる
卒業生の存在がとても心強かったです

私が所属していた広告論のゼミでは、自分たちでテーマを決め、広告を制作し、自分が携わったものが形になるおもしろさを味わいました。仕事でも、何か形に残ることをしたいと思っていたので、一つとして同じもののない建築物や土木構造物をつくる建設会社の仕事はとても興味深く感じました。
学内で建設業界の卒業生と出会える機会があり、そこから卒業生にOB訪問をしました。先輩には仕事内容などの質問に率直に答えていただき、熱心に自己PRの添削や面接練習もしていただきました。複数の卒業生にOB訪問することで卒業生がさまざまな企業で活躍しているのを実感し、とても心強く思いました。後輩思いの先輩への感謝の気持ちでいっぱいです。
私も良き先輩の後に続き、後輩を支援できるような力をつけた社会人になりたいと思います。

嵐田 継也さん

[内定先]近畿日本ツーリスト株式会社

コミュニケーション学部
コミュニケーション学科4年
東京都立東久留米総合高校出身
嵐田 継也 (あらしだ つぐや)さん

就職活動は計画的な準備が大切
仕事で夢の実現をめざします

コミュニケーション学部で、さまざまな表現方法や情報発信の手段などを学ぶ中で、旅行という形のないものの魅力を自分なりに伝えたいと考えるようになったことと、仕事に就くなら人を楽しませたり、感動させたりするものにしたいと思うようになったことから、旅行業界を希望しました。就職活動では、旅行への熱意を伝えることを重視し、第一希望の旅行代理店に内定しました。就職活動は情報や周囲の動きなどに影響されて、とかく場当たり的になりがちです。落ち着いて計画的に臨むことが大切だと思います。
高校時代はサッカー部で全国大会に出場し、スポーツが大好きなので、現在の夢は、2020年の東京オリンピックにかかわることです。出場国の担当になって選手の移動などのサポートをしたいと、今から期待しています。

樋口 紗楓さん

[内定先]中野区役所

現代法学部現代法学科4年
東京都立上水高校出身
樋口 紗楓 (ひぐち さやか)さん

主体的に動ける、やりがいのある
仕事だと思い、公務員を志望

2年次に地域インターンシップに参加。国分寺市の子ども家庭支援センターに行き、公務員は期待以上に積極的に自分で考えて動ける仕事だと知りました。さらに3年次にも現代法学部のインターンシップに参加し、別の市役所でインターンシップを経験。公務員は部署によってさまざまな仕事に携われ、多様な経験ができ、常に学び続けていけるやりがいのある仕事だと確信しました。
採用試験対策は2年次からCSC(キャリア・サポートコース)の講座を受講し、着実に進めることができました。CSCでは説明会の日程など、必要な情報が提供され、空き時間に自由に使える自習室もあり、恵まれた環境で準備することができました。
卒業後はどの部署に配属されても、主体的に仕事に取り組み、自分の可能性を探り、成長していきたいと思います。

就職支援