サイト内検索

Search

コミュニケーション学部
ゼミ紹介

中村 忠司 教授

【テーマ】観光学入門

ALT

観光という“まなざし”で社会のさまざまな側面をとらえ課題を発見、分析、解決する力を身につける

本ゼミでは、最初に指定図書の輪読に取り組みます。物事に2面性があるように、観光にも地域活性と環境破壊をもたらす可能性があります。正と負の両面を批判的に読む訓練を行い、観光に関する基礎的知識を習得します。また、観光業界で活躍する社会人をお招きし、話を聞く機会も多く設けています。こうした知見を踏まえ、学生はゼミ論文作成のための研究計画書に取り組みます。研究テーマに制限はありません。カメラと観光の関わりや開発途上国における観光の役割、アニメの聖地巡礼などさまざま。観光という視点からその背景にある文化や歴史をひも解き、現実社会が抱える課題解決策について深く考察していきます。観光は現場で考えることが重要なため、海外ゼミ研修も実施します。昨年は韓国・釜山を訪問し、国際観光博における世界各国の観光プロモーション調査や、アートツーリズムで再生した村の視察等を行いました。