サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

会計プロフェッショナルプログラム

経営学部生 対象プログラム (他学部生受講可)

定員 各年度50名
選考時期 6月期、11月期
選考方法 日商簿記検定2級試験、独自選考試験
受講者数 54名(2021年度実績)

※入学時点までに日商簿記1級相当を取得している場合には入学後直ちに選考試験を行いますので、スムーズに学習を開始できます。

  • 1会計専門職をめざす3つのコース

    • 監査・会計の専門家 公認会計士コース
    • 税務に関する専門家 税理士コース
    • 税金を賦課・徴収する国家公務員 国税専門官コース
      ※日商簿記1級または全経簿記能力検定上級のいずれかに合格し、所属を希望する者には、特別選考を実施する予定です。
  • 2.提携専門学校の受講料

    全額大学負担

  • 3.卒業生組織が現役合格を後押し

    公認会計士や税理士として活躍する卒業生組織「大倉公認会計士 会」「税理士葵会」が、試験に向けたアドバイスや進路相談まで親身に対応します。卒業生が代表を務める事務所でインターンシップを行うなど、実務経験の機会もあります。

  • 4.正課授業との連携で理解度アップ

    • 会計プロフェッショナルプログラムへの入門講座
      本プログラム選考試験の合格と、その後の資格取得に向けたス ムーズな学習につなげます。
    • 会計アドバンストセミナー(Ⅰ~Ⅴ)
      資格取得に欠かせない基礎理論だけでなく、本試験レベルの重 要問題領域についても少人数で丁寧に指導します。
    • 専門教員による手厚い指導等
      会計学問領域のほとんどをカバーする多様な科目をそろえ、 大学の授業のなかから会計について徹底的に学習できます。

公認会計士試験に3名が合格
税理士試験に3名、のべ4科目合格
国税専門官採用試験に1名が合格
日商簿記検定1級試験に7名が合格

2021年度公認会計士論文式試験にて、会計プ ロフェッショナルプログラムから3名が合格。こ のうち1名は在学生、2名は在学中に本プログラ ムで力を養い、卒業後に目標を達成しました。 そして、公認会計士短答式試験に合格している 9名が論文式試験に向けて学習を進めています。

学習に集中できる環境のおかげで、
3年次在学中に公認会計士試験合格

[内定先]太陽有限責任監査法人
永田 凌
経済学部 経済学科(4年)
東京都立日野高等学校出身

高校の頃から会計士という職業に興味がありましたが、実際に会計士 をめざし勉強をするとなると費用面での負担が決して小さくはありません。そのようななかで、専門学校の受講料を負担してくれる東経大のアドバンストプログラムは、非常にありがたい制度でした。会計士は業務 範囲が幅広く、さまざまな経済活動のなかで重要な役割を担っていると 思います。監査だけができる会計士ではなく、IPO(株式上場)支援やコ ンサルティングもできるような会計士になることが最終的な目標です。