サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

法プロフェッショナルプログラム

現代法学部生 対象プログラム (他学部生受講可)

定員 特になし
選考時期・方法 1年次に法学検定ベーシックに合格することで、2年次から所属可能
目標
  1. 法律専門職試験への合格(司法書士、行政書士、裁判所事務官)
  2. 法科大学院への合格
  3. 法律をより深く学ぶ
  • 1.全学部生とも「法学検定ベーシック」に合格することで所属可能

    (2年次から支援開始)

  • 2.基礎となる「公法」「民事法」「刑事法」については、プログラム生のみが履修できる科目を準備しています

  • 3.法律専門職、法科大学院進学をめざす学生には、提携専門学校への 派遣費用などを補助します

    指定した資格を3年次までに取得すると1年間の履修制限単位数を超えて単位が認められるため、4年次は資格試験対策に集中しやすくなります。

  • 4.一定の資格試験に合格することで卒業単位として認定

    指定した資格を3年次までに取得すると1年問の履修制限単位数を超えて単位が認められるため、4年次は資格試験対策に集中しやすくなります。

  • 5.法律の専門家に必要な幅広い教養も習得

    東京司法書士会と協力して各司法書士事務所で研修し、法の現場を体験する「インターンシップ」など、プログラム外の授業も多く受講することで、社会の成り立ちや人間の心理などもバランスよく学べます。

  • 6.プログラム生のみが履修できる科目(卒業単位として認定)の講師は弁護士会の協力を得て第一線で活躍する弁護士が担当します

  • 7.定期的な面談を実施し、学習状況をチェック

公務員をめざす学生のために「公務員志望者支援プログラム」があります。※現代法学部生限定

目標だった裁判所職員に内定
現役の弁護士からの指導は効果大

大橋 亮太郎
現代法学部 現代法学科(4年)
東京都立文京高等学校 出身

「社会・法学入門」の授業で裁判を傍聴し、裁判所職員をめざすことを決意。そこで、実際に弁護士として活躍されている方々の授業を受けられるこのプログラムを受講しようと考えました。最初は課題判例を読むだけでも苦労しましたが、読むときのポイントを学び理解していくことで、規範の組み立てなどが分析できるようになりました。また法廷での緊迫したやりとりなど、実際に弁護活動で起こった話を聞けるのは剌激になりましたし、やりがいや苦労話などは裁判所職員になってからも生かせると考えています。