サイト内検索

Search

言語選択

Search

日本語 ENGLISH

PRプロフェッショナルプログラム

コミュニケーション学部生 対象プログラム(他学部生受講可)

定員 1学年20名
選考時期 1年次の12月
選考方法 1年次の成績、エントリーシート
受講者数 46名(2022年度実績)
  • 1.情報のスペシャリストを養成

    PRプロフェッショナルは、企業の経営戦略、コンプライアンスや危機管理、ブランドマネジメントなど、トップマネジメントが意思決定を行ううえで必要な情報の発信と収集、調査などを行う仕事です。企業の社会的責任(CSR)が強く求められる現代社会において重要性を増すコミュニケーションと情報のスペシャリストを、独自のカリキュラムで育成します。

  • 2.PRプランナー補と社会調査士の資格取得が目標

    コミュニケーションと情報のスペシャリストの証といえるのが「PRプランナー補」と「社会調査士」の2つの資格です。プログラムでは、この2つの資格取得が可能なカリキュラムが編成され、資格取得にかかる費用を大学が負担します。

  • 3.密度の濃いワークショップを展開

    プログラムは定員1学年20名の少人数クラスで実施します。PRに関連した理論、実務、倫理観などを学び、ワークショップで社会での実践力を磨くほか、情報の収集・活用・発信能力を養います。PR専門会社等で夏季に2週間の実務実習を行い、広報・PR業務の最前線で理解を深める「広報・PR実務演習」、長年クリエイティブな現場で広告作品を手掛けてきた実務家教員によるワークショップ「コンセプトと表現」は、本プログラム生対象の特別授業です。

  • 広報・PR 実務演習 2021 年度実習先一覧
    • ㈱エフビーアイ・コミュニケーションズ
    • ㈱エイレックス
    • ㈱宣伝会議
  • PRプランナー補

    公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会が主催する、広報・PR活動に従事するために必要な基礎知識を身につけていることを認定する資格です。「PRプランナー補」は、広報・PRに関する基礎知識を問う1次試験に合格すれば、申請により取得できます。PRプロフェッショナルプログラムでは、1次試験で求められる実務知識を学べる科目を開講します。

    <プログラム科目>

    • 企業コミュニケーション基礎・コミュニケーション戦略論・広告論・広報論・マーケティング論
  • 社会調査士

    一般社団法人社会調査協会が主催する資格です。社会調査の知識や技術を用いて、世論、市場動向、社会事象などを捉えることができる能力を身につけた「調査の専門家」に与えられます。PRプロフェッショナルプログラムでは、社会調査協会が定めた標準カリキュラムに対応した科目を開講しています。社会調査士資格はそれらの単位を取得し、協会に申請することにより認定されます。

    <プログラム科目>

    • 社会調査入門・社会調査ワークショップ・社会調査実習

「コミュニケーション」と「情報」
2つの資格取得を基礎からサポート

本多 夏望
コミュニケーション学部 コミュニケーション学科(3年)
東京・私立白梅学園高等学校 出身

PRプロフッショナルプログラムの魅力は、在学中に「PRプランナー補」と「社会調査士」の2つの資格取得に向けた手厚いサポートが受けられることです。試験や資格認定にかかる費用を大学が負担してくれる点も魅力でした。このプログラムでは資格取得へ向けて、ワークショップなど実践的な授業が用意されているので「勉強の仕方がわからない」人は、ぜひ受講してほしいです。現在は1次試験を合格し「PRプランナー補」に認定されたので、次は2次試験に合格し「准PRプランナー」を取得することが目標です。