ホームディレクトリの利用

1.ホームディレクトリとは  2.利用方法  参考:usersフォルダについて

1.ホームディレクトリとは

「ホームディレクトリ」とは、ユーザごとに用意されたサーバ上の保管領域です。各自ファイル(課題等)を保存できます。
PC教室、PCL演習室のPCでは「Uドライブ」に相当します。学生一人当たり 200MB まで利用可能です。

容量拡張希望の方へ
申請により、ホームディレクトリの拡張が可能です。(最大500MBまで)
ホームディレクトリの容量拡張のお知らせ
※参考。教職員IDの容量
・教員個人ID(非専任、客員教授、受入交換教員、名誉教授含む) : 20GB
 (最大50GBまで拡張対応可能)
・上記以外ID(理事、TA、研究員、学会、ゼミ等団体、職員、課など) : 10GB
 (原則拡張対応は行わない)

2.利用方法

学内での利用
PC教室、
PCL演習室
「マイコンピュータ」を開くと、ネットワークドライブが見えます。
これがホームディレクトリ(Uドライブ)です。
<クリックで拡大>
※以下場所からも利用可能です。
・キャリアセンター設置PC ・大学院研究室(1~4)設置PC 
・図書館設置PC ・PCコーナーのPC
上記教室以外 ネットワークドライブの利用」 または 「ftpの利用」 または 「telnetの利用」で利用可能。
使用容量を定期的に確認しましょう。
情報システム課TOPより[容量確認]確認方法が記載されてます。
学外からの利用(自宅等)

SSHの利用」で利用可能。

参考:usersフォルダについて

「Uドライブ」には「users」というフォルダが存在します。

このフォルダは、パーミッション(※)により自分以外はアクセスできないように保護されています。
※パーミッションの説明。

第三者に見られたくないデータは「users」フォルダに保存しましょう。

PC教室のWordやExcelでは、デフォルトの保存先がこの「users」フォルダに設定されています。